エロモナス・ハイドロフィラ

エロモナス・ハイドロフィラ(Aeromonas hydrophila腸内細菌の一種でグラム陰性通性嫌気性菌である。

エロモナス・ハイドロフィラ
Aeromonas hydrophila.jpg
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門 Proteobacteria
: γプロテオバクテリア綱 Gammaproteobacteria
: エロモナス目 Aeromonadales
: エロモナス科 Aeromonaceae
: エロモナス属 Aeromonas
: エロモナス・ハイドロフィラAeromonas hydrophila
学名
Aeromonas hydrophila
(Chester, 1901) Stanier, 1943[1]

ヒトの腸炎下痢症の原因菌であり、1982(昭和57)年にエロモナス属菌のうち本菌とエロモナス・ソブリアAeromonas sobriaが新たに食中毒菌に指定された。 食中毒起因菌の一種であるので食中毒が疑われる場合は24時間以内に最寄りの保健所へ届け出る。

生息場所編集

淡水中に常在する細菌で、淡水魚飲料水、アクアスポーツ時の海水や河川水が汚染源になる。また、沿岸海域にも分布しており、エビ・カキ・海産魚介類からも本菌が検出されている。海外渡航者の下痢症患者が増加している。

脚注編集

  1. ^ "Aeromonas hydrophila" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2017年2月24日閲覧