エンター・ザ・ミュージック

エンター・ザ・ミュージック』(ENTER THE MUSIC)は、BSテレ東(2018年9月まではBSジャパン)で土曜日の8:30 - 9:00に放送されている音楽番組である。2014年10月7日から2016年3月29日までは火曜日の23:00 - 23:30に、2016年4月4日から2018年3月26日までは月曜日の23:00 - 23:30に、2018年4月7日から2020年3月28日までは土曜日の23:30 - 翌0:00に放送されていた。

エンター・ザ・ミュージック
ENTER THE MUSIC
ジャンル 音楽番組
オープニング 「舞踏会の美女」
作曲ルロイ・アンダーソン指揮藤岡幸夫管弦楽関西フィルハーモニー管弦楽団
制作 BSテレ東
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
2014年10月から2016年3月まで
放送期間 2014年10月7日 - 2016年3月29日
放送時間 火曜 23:00 - 23:30
放送分 30分
2016年4月から2018年3月まで
放送期間 2016年4月4日 - 2018年3月26日
放送時間 月曜 23:00 - 23:30
放送分 30分
2018年4月から2020年3月まで
放送期間 2018年4月7日 - 2020年3月28日
放送時間 土曜 23:30 - 翌0:00
放送分 30分
2020年4月から
放送期間 2020年4月4日 -
放送時間 土曜 8:30 - 9:00
放送分 30分
テンプレートを表示

概要編集

「音楽は世界を豊かにする!」をコンセプトに、さまざまな分野の音楽の楽しみ方や逸話を語り、かつ演奏を楽しむ音楽番組。

番組が出来たきっかけはテレビ東京系列、BSジャパンで年越しに放映される「東急ジルベスターコンサート」の第18回(2012-2013年)に藤岡幸夫指揮者として出演、恒例のカウントダウン演奏を0:00ちょうどに終わらせる大成功を収めたことによる。
題名のない音楽会』のように1本をすべて公開録画でまかなうことはなく、トークと演奏が別録りであることも多い。これはトークや多くの単独楽器演奏の収録は東京で行われるが、演奏の関西フィルハーモニー管弦楽団は文字通り関西圏を中心に活動しており、藤岡が指揮をする演奏会か練習場(チェリーホール(旧オークホール))で収録していること、また同日に収録した演奏を何回かに分けてあるいは別の日に収録した演奏を1回の放送で使う、すなわちトークとトークの間に演奏のストックを入れる方式をとっていることによる。またトークも決まったスタジオで収録せず、松本記念音楽迎賓館白寿ホールや六本木シンフォニーサロンといった小ホールやレストラン、バーなどで行っている。

番組の最後の曲は単独の楽器の特集やクラシック音楽以外のジャンルの回でも、おおむね(なかば強引に)藤岡の指揮による関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏であることが多い。また衛星放送ながら地方オーケストラが全国区でレギュラー出演をして演奏を披露するテレビ番組は、現在これだけである(なお、東京に本拠を置くオーケストラでも全国区でレギュラー出演と見なせるのはNHK交響楽団読売日本交響楽団だけである)。

かねてより藤岡はクラシック音楽の裾野の拡大と敷居を下げるための活動をしており、「エンター・ザ・ミュージック」という番組名は「音楽への入り口を狙い」としている。また「クラシックにはこだわりません」としている[1]。番組では「音楽はお好きですか?」という文言がサブタイトル的に使われており、番組開始時にも「音楽はお好きですか?」のナレーションと字幕が入る。新聞のラジオ・テレビ欄で内容が紹介されるときは「音楽の世界」といった番組名が使われることもある。

シリーズ的な企画編集

  • 吹奏楽 - サクソフォン奏者の須川展也とともに各地の学校や企業の吹奏楽部を回って指導する企画。ただし須川が不参加で指導を行わない別の企画のこともある。
  • アマチュアオーケストラ - 藤岡が大学などの交響楽団の演奏会で指揮するものだが、放映では練習の部分が本番より多くなっている。
  • 映画音楽 - 映画コメンテーターの有村昆による映画の蘊蓄話やこれからのおすすめ映画を交えつつ、映画音楽・映画に関わるクラシック音楽等を特集する企画。
  • 音楽構成作家の新井鴎子による楽曲解説や逸話を交えてクラシック音楽の名曲を特集する企画。
  • The 4 Players Tokyo - 2019年より藤岡がプロデュースしている弦楽四重奏団。番組発となっており、藤岡が営業・広報を行い、演奏会では司会も行う。

これ以外に宝塚歌劇団の特集が複数回放送されている。

出演者編集

司会編集

  • 藤岡幸夫(指揮者) - 番組冒頭で番組の「ナビゲーター」と自己紹介している。
  • 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)- トークに参加する以外に、放送100回記念にはジェイク・シマブクロウクレレで、200回記念の時には朴葵姫とクラシック・ギターで共演。カノエ・ミラーの指導でフラダンスに挑戦するなど時折実演も行っている。産休のため2019年11月2日放映分でいったん降板。
  • 角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)- 2019年11月9日放映分より繁田から司会を引き継いだ。先行して同年10月12日・19日の放送分には宝塚でのインタビュアーとして藤岡に同行して出演している。

管弦楽演奏編集

ナレーション編集

  • 斉藤一也(テレビ東京アナウンサー) - 放送開始から2019年まで担当。通常は声だけで、画面に顔を出したのは年の最後の放送時と放送100回記念、200回記念の時程度であった。
  • 矢内雄一郎(テレビ東京アナウンサー) - 2020年から担当。

スポンサー編集

出入りはあるが、阪急電鉄は放送開始から一貫して提供しており、宝塚歌劇団の公演のコマーシャルが流される。

脚注編集

外部リンク編集

BSジャパン 火曜日 23:00 - 23:30
前番組 番組名 次番組
あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜
※22:54 - 23:24
【金曜23:00 - 23:30に移動】
ドラGO!
※23:24 - 23:54
【6分繰り下げて継続】
エンター・ザ・ミュージック
真夜中の百貨店
〜シークレットルームへようこそ〜
BSジャパン 月曜日 23:00 - 23:30
ものラボ
【30分繰り下げ】
エンター・ザ・ミュージック
ワールドビジネスサテライト
※23:00 - 翌0:00
【60分繰り上げ・2分拡大】