火曜日

曜日の1つ

火曜日(かようび)は、月曜日水曜日の間にある曜日の始まりを日曜日と考えると3日目、週の始まりを月曜日と考えると2日目となる。

目次

各言語での名称編集

ベトナム語では第3を意味する「thứ ba」が火曜日の意味にも使われるが、中国語では「星期二」もしくは「礼拜二」という。

日本語朝鮮語、また、ロマンス諸語の名称は、七曜のひとつである火星の日にちなむ。

英語Tuesdayは北欧神話の神テュールから来ている[1]

各国の火曜日編集

アメリカ編集

アメリカ合衆国では選挙投票日を火曜日に設定している。アメリカ合衆国大統領予備選挙の集中日は「ジュニア・チューズデー」や「スーパー・チューズデー」と呼ばれる。

オーストラリア編集

オーストラリアでは毎年11月の第1火曜日に競馬のGIレースメルボルンカップが行われる。メルボルン市内はもとより、オーストラリア全土で公休となる所が多く、国民が注目するオーストラリア最大のスポーツイベントである。

日本編集

サービス業編集

週の始まりを土曜日と解釈すれば週の中間となり、月曜日とした場合は週明け(正確には平日の始まり)の次の日であるため、土日が繁盛期となり、ハッピーマンデーにより祝日になることもある月曜日の次の日であるため、火曜日を定休日にしている店舗がある。特にチェーン店以外の飲食店でこの傾向が見られる[2]。これには諸説あり、火事や火災、帳簿が火の車になることを嫌ったことから火曜定休にしているという説もある[3]。自動車ディーラーなどでも同様の理由で火曜日を定休日しているところがある。

かつては大型スーパーやデパートでも同様の理由で火曜日を定休日に設定することがあった。これは大規模小売店舗法で規制緩和するまでは週1回の定休日を定めていたためである。ただし定休日とする曜日の設定は運営会社で定めており、床屋のようにすべての運営会社が同じ曜日に定休日としていたわけではない(ジャスコダイエーは水曜日が定休日であった)。1990年代半ば以降は大規模小売店舗法の規制緩和(後に廃止)により、年中無休とする店舗も現れるなど、状況が変化した。

東京都内のほとんどの美容院では火曜日が定休日である。これは東京都では「適正化規定」という、都が定めた組合が遵守する条例に基づくものである(その他の地域では月曜定休が多い)[4][3]

長野県の不動産では火曜日を定休日としている。これは小売業は水曜日に休業する人が多く、休日に部屋探しをするため、曜日をずらして休業したものである(その他の地域では水曜休業が多いが、地域によっては水曜日と日曜日を休業とする地域もある。北日本地域などでは日曜日を休業とする地域もある[5])。

コンビニエンスストアでは新商品が続々と発売する。これは火曜日と水曜日の売り上げを元にして、最も売上の多い週末に向けて人気商品の発注を木曜日にかけることができるためである[6]

大手スーパーでは特売日が実施される(イオン「火曜市」、西友「火曜得の市」など)。

メディア編集

週刊誌では女性週刊誌2誌(女性自身週刊女性)の発売日である(もう1誌の女性週刊誌である女性セブンは木曜発売)。その他の週刊誌では週刊朝日サンデー毎日FLASHの発売である。一方、週刊漫画雑誌の発売は2015年時点ではない(かつては週刊少年ジャンプ週刊少年サンデーの発売日としていた)。

火曜日に関する作品編集

  • 漫画
    • 『毎週火曜はチューズデー』

脚注編集

関連項目編集