エンパイア・ステイト・オブ・マインド

エンパイア・ステイト・オブ・マインド」(Empire State of Mind)は、アメリカ合衆国のラッパーでヒップホップアーティストジェイ・Zによる楽曲。R&B歌手アリシア・キーズをフィーチャーしている。 この楽曲はジェイ・Zの11枚目のスタジオ・アルバム『ザ・ブループリント3』からのサードシングルとして ロック・ネイションレーベルから2009年10月にリリースされた。この曲はニューヨーク市へのアンセムで、ザ・モーメンツが1970年に発表した楽曲「Love on a Two-Way Street」をサンプリングしている。

エンパイア・ステイト・オブ・マインド
ジェイ・Z and アリシア・キーズシングル
初出アルバム『ザ・ブループリント3
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
録音 2009年
Roc The Mic Studios, Oven Studios
(ニューヨーク、ニューヨーク市)[1]
ジャンル Hip hopR&B
時間
レーベル ロック・ネイションアトランティック
作詞・作曲 A. Hunte, A. Keys, A. Shuckburgh, B. Keyes, J. Sewell, S. Carter, S. Robinson
プロデュース Al Shux
ゴールドディスク
トリプル・プラチナ (RIAA)
ジェイ・Z シングル 年表
ラン・ディス・タウン
(2009年)
エンパイア・ステイト・オブ・マインド
(2009年)
オン・トゥ・ザ・ネクスト・ワン
(2009年)
アリシア・キーズ シングル 年表
アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ
(2008年)
エンパイア・ステイト・オブ・マインド
(2009年)
ダズント・ミーン・エニシング
(2009年)
テンプレートを表示

「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」は、音楽評論家から肯定的評価を受け、批評家はアリシアのボーカル・パフォーマンスを賞賛した。この楽曲は大衆的にも成功を収め、イギリス、カナダ、オーストラリア、フランス、イタリア、スウェーデンを含む幾つもの国のチャートでトップ10ヒットを記録した。特にアメリカ合衆国のBillboard Hot 100では5週連続で1位を記録しており、これはジェイ・Zにとって初のリード・アーティストとしてのナンバーワン・ヒットとなった。2011年2月13日に開催された第53回グラミー賞では最優秀ラップ・ソング賞、最優秀ラップ・歌曲コラボレーション賞の2部門を受賞した[2]

またヴォーカルとしてフィーチャーされたアリシアは後に自身の4枚目のスタジオ・アルバム『エレメント・オブ・フリーダム』(2009年)のなかで「エンパイア・ステイト・オブ・マインド (パート2) ブロークン・ダウン」としてアンサーソングを歌った。

脚注編集

  1. ^ The Blueprint 3 liner notes, Atlantic Records (2009).
  2. ^ http://www.mtvjapan.com/news/music/18760