メインメニューを開く
エヴェンキ自治管区

エヴェンキ自治管区Эвенкиский автономный округ, Evenkia Autonomous District)はロシア連邦にあった自治管区の一つ。かつては独立した連邦構成主体であった。行政の中心はトゥラ。行政的にはクラスノヤルスク地方に属していた。

2007年クラスノヤルスク地方と統合されその一地区(エヴェンキ地区)となり、独立した連邦構成主体ではなくなった。

目次

概要編集

 
エヴェンキ自治管区旗

ロシア連邦でもっとも人口の少ない連邦構成主体であった。

標準時編集

この地域は、クラスノヤルスク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+7時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+7で夏時間がUTC+8、同年3月から2014年10月までは通年UTC+8であった)

地理編集

住民編集

住民の68%がロシア人、14%がエヴェンキ人

歴史編集

一帯は17世紀にロシアの支配下に入った。

1930年12月10日エヴェンキ民族管区が形成された。1977年より自治管区。

1908年ツングースカ大爆発が起こった。

2007年1月1日、クラスノヤルスク地方と統合されその一地区(エヴェンキ地区)となった。

外部リンク編集