エーミル』(Emil i Lönneberga) は、スウェーデン児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの文学作品、およびそれを原作とした1971(+1972と1973)年公開のスウェーデンの映画作品である。また、同シリーズの主人公の名前でもある。悪戯(いたずら)好きだが、根は優しい6歳の少年の話である。

LönnebergaのKatthultの本館