オオシロカラカサタケ

オオシロカラカサタケ(大白唐傘茸、Chlorophyllum molybdites)は、ハラタケ科カラカサタケ属菌類である。子実体は食毒で、摂取すると嘔吐や下痢の激しい胃腸症状を引き起こす。食用きのこのカラカサタケに類似しており、北米では最も誤食が多い毒キノコとして知られる[1]

オオシロカラカサタケ
Chlorophyllum molybdites Guadalajara.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: ハラタケ科 Agaricaceae
: カラカサタケ属 Macrolepiota
: オオシロカラカサタケ
学名
Macrolepiota molybdites
(G. Mey.) Massee (1898)
英名
false parasol
オオシロカラカサタケ
View the Mycomorphbox template that generates the following list
菌類学的特性
テンプレートを表示

子実体の形状編集

は、色が白色ベージュ、大きさは成菌で直径4~12インチ、幼菌は半球形、成菌になるにつれて平らになっていく。幼菌には茶色っぽい殻が付着しており、成菌になるにつれて傘の外側から剥離されていく。ひだは密の隔生で、幼菌で白く、成菌で暗緑色になる。胞子紋は緑色。は長さ4~10インチ、色は黄褐色の繊維状で中実、上部に可動性のつばを有し、基部は砂や泥が付着していて肥大している。オオシロカラカサタケの柄はカラカサタケに見られる褐色のささくれ模様がない。肉は白色の無味無臭で、傷を付けると赤変する。[2]

分布と生息地編集

温帯亜熱帯の湿潤気候に分布し、夏から秋にかけ、公園や庭園など人工的な環境に散生あるいは群生する。

毒性編集

本種は毒きのこで、近縁のカラカサタケ (O. procera)や、カラカサタケモドキ (Chlorophyllum rhacodes)と誤食し病院送りとなったケースが報告されている[1]

毒成分は不明。

症状は主に消化器系の症状であり、嘔吐、下痢、血圧低下、および疝痛は、多くの場合重度で、摂取後 30分から3時間で発生[3]。これらの中毒は重篤になる可能性があるが、死に至った報告例はない[4]

ギャラリー編集

参考文献編集

  1. ^ a b Beug, Michael W. An Overview of Mushroom Poisonings in North America. Archived 2010-05-20 at the Wayback Machine. The Mycophile, vol. 45(2):4-5, March/April 2004
  2. ^ How to not pass up a parasol and how not to”. 2017年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月24日閲覧。
  3. ^ Benjamin, Denis R. (1995). “Gastrointestinal syndrome”. Mushrooms: poisons and panaceas - a handbook for naturalists, mycologists and physicians. New York: WH Freeman and Company. pp. 351-377. ISBN 0-7167-2600-9 
  4. ^ Chlorophyllum molybdites”. Urban Mushrooms. 2020年9月25日閲覧。

外部リンク編集