メインメニューを開く

オギュスタン・ビジムング(Augustin Bizimungu、1952年8月28日 - )は、ルワンダ軍英語版の元将軍。1994年に、ビジムングは暫定的に軍の指導者となっていた。このときにルワンダ虐殺を引き起こした兵士やゲリラ(インテラハムウェ)の訓練を行なっていたと告発されている。

オギュスタン・ビジムング
Augustin Bizimungu
生誕 (1952-08-28) 1952年8月28日(66歳)
ベルギーの旗 ルアンダ=ウルンディ ビュンバ県
所属組織 ルワンダ軍英語版
最終階級 少将
除隊後 ルワンダ虐殺の罪で禁固30年の実刑
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1952年にビュンバ県で生まれる[1]

1994年4月6日に、フツ族であるビジムングは旧ルワンダ軍中佐の地位に着く。同日にハビャリマナとンタリャミラ両大統領暗殺事件が発生し、ジュベナール・ハビャリマナ大統領に随行していたデオグラティアス・ンサビマナドイツ語版が死亡したのち、ビジムングは参謀長に就任すると同時に少将に昇進し、軍の指導者となった[2][3]

2002年4月12日にルワンダ国際戦犯法廷は、アンゴラの反政府組織であるUNITAにて働いているビジムングの逮捕状をとった。2002年8月にアンゴラ政府によって逮捕され、タンザニアでの国連の戦犯法廷にて裁かれた[4]

2011年5月17日、ルワンダ国際犯罪法廷はビジムングに対して禁錮30年の実刑判決を言い渡した[5]

出典編集

参考文献編集

関連項目編集