メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はプジョル第二姓(母方の)はムニョスです。

オスカル・プジョル・ムニョス(Óscar Pujol Muñoz、1983年10月16日 - )は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県タラサ出身の元自転車競技選手。

オスカル・プジョル
Óscar Pujol
Cycling (road) pictogram.svg
Oscar Pujol - Tour de Romandie 2010, Stage 3.jpg
個人情報
本名 Óscar Pujol Muñoz
オスカル・プジョル・ムニョス
生年月日 (1983-10-16) 1983年10月16日(36歳)
国籍 スペインの旗 スペイン
身長 173 cm
体重 58 kg
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2008
2009-2010
2011
2012
2013
2013
2014
2015-2018
ブルゴス・モニュメンタル
サーヴェロ・テストチーム
オメガファーマ・ロット
アザドユニバーシティ
RTS・サンティック
ポリンゴン・スウィートナイス
スカイダイブ・ドバイ
TeamUKYO
グランツール最高成績
最終更新日

来歴編集

2008年、スペインのブルゴス・モニュメンタルでプロデビュー。地元スペインのワンデーレースを中心に活躍。

2009年サーヴェロ・テストチームにスカウトされ移籍。

2010年ブエルタ・ア・エスパーニャに出場し、総合66位で完走。

2011年ベルギーオメガファーマ・ロットに移籍。しかしオメガファーマ・ロットはシーズン終了後スポンサーが分裂し、オメガファーマがクイックステップのスポンサーになり、ロットはロット・ベリソルというチームを設立した。

2012年、オメガファーマ・ロット移籍時に2年間の契約を結んでいたものの分裂により無所属となってしまう。ウン・ヨンリとコンタクトを取り、イランのコアザドユニバーシティ・クロスチームとツール・ド・ランカウイ開催時にチームと面談し、4月に加入。

2013年台湾のRTS・サンティックに移籍。しかし4月でチームを離脱し、6月にアイルランドのポリゴン・スィートナイスに移籍。

2014年UAEの新チーム、スカイダイブ・ドバイに移籍。

2015年日本TeamUKYOに移籍。

2018年ジャパンカップサイクルロードレースを最後に現役を引退。

主な成績編集

  • 2006年
    • ブエルタ・ア・カンタブリア 総合2位
      • 区間優勝(第3)
    • ブエルタ・ア・サラマンカ 総合3位
      • 区間2勝(第1、4)
  • 2007年
    • アイツォンド・クラシカ 優勝
    • ラスカオコ・プロバ 優勝
    • ブエルタ・シクリスタ・ア・ナバラ 区間優勝(第4)
    • サン・ペドロ・サリア 優勝
    • ビスカイコ・ビラ 区間優勝(第2)
    • グラン・プレミオ・マカリオ 2位
    • ドルレタコ・アマ・サリア 2位
    • ルート・ド・ラトランティーク 3位
    • プルエバ・ロイナス 3位
  • 2008年
    • クラシカ・ア・ロス・プエルトス・デ・グアダラマ 7位
  • 2012年
    • ツール・ド・シンカラ 総合優勝
      • 区間優勝(第3)
      • ポイント賞
      • 山岳賞
    • ツール・ド・イジェン 総合2位
    • ツアー・オブ・イラン 総合6位
  • 2013年
    • ツール・ド・シンカラ 総合6位
  • 2015年
    • Jプロツアー 石川ロードレース 優勝
    • Jプロツアー 伊吹山ドライブウェイヒルクライム 優勝
    • Jプロツアー 宮田高原ヒルクライム 優勝

グランツール編集

ブエルタ・ア・エスパーニャ編集

外部リンク編集