メインメニューを開く

オットー・リュドヴィゴヴィッチ・シュトルーベ(Otto Lyudvigovich Struve, ロシア語 Отто Людвигович Струве, 1897年8月12日 - 1963年4月6日)はロシア生まれのアメリカで活躍した天文学者である。

オットー・リュドヴィゴヴィッチ・シュトルーベ
Otto Struve US post 1949crop.JPG
Otto Struve on a 1949 US Post envelope
生誕 Отто Людвигович Струве
(1897-08-12) 1897年8月12日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ハリコフ(現  ウクライナ
死没 1963年4月6日(1963-04-06)(65歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州バークレー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 天文学
出身校 ハリコフ大学英語版
主な受賞歴 王立協会フェロー[1]
プロジェクト:人物伝
オットー・シュトルーベ

フリードリッヒ・フォン・シュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve 、1793-1864)から4代にわたり6人の有名な天文学者をだしたシュトルーベストルーヴェ / ストルーベ / シュトルーヴェ / シュトルーフェ家 (Struve) の最後の天文学者である。ヤーキス天文台長、国際天文学連合の会長などをつとめた。

生涯編集

発見した小惑星: 2
(991) マクドナルダ 1922年10月24日
(992) スウェージー 1922年11月14日

ハリコフに生まれた。大学在学中に第一次世界大戦がはじまり、徴兵された。さらにロシア革命では、白軍として戦い負傷した。内戦に白軍が敗れると、父親のルドヴィッヒ・シュトルーベと亡命したが父親は1920年にセヴァストポリで死去した。1年半のトルコでの亡命生活中に兄弟も失った。援助を依頼したドイツの叔父ヘルマン・シュトルーベも1920年に死去したが、シカゴ大学所属のヤーキス天文台の所長エドウィン・フロストから仕事をえることができ、アメリカ合衆国に渡り天文学のキャリアを積むことになった。1923年に学位をとり1927年にアメリカ市民権を得た。

特に恒星天文学の分野で多くの業績を挙げ、同時に一般向けの書籍も数多く執筆した。1937年にはぎょしゃ座イプシロン星のモデルをジェラルド・カイパーベンクト・ストレームグレンと共に発表して反響を巻き起こし、現在に至る研究の先鞭を付けた。

1932年から15年間ヤーキス天文台の台長を務めた。また、1952年から1955年にかけて国際天文学連合の第10代会長に就任[2]、1959年7月1日にはアメリカ国立電波天文台 (NRAO) の初代台長に就任 (~1961年12月1日)[3]するなど天文学に関わる組織の要職を務めた。

1925年に結婚したが、子供がいなかったため天文学のシュトルーベの家系は絶えることになった。カリフォルニア州バークレーで死去。

受賞歴編集

命名

脚注編集

  1. ^ Cowling, T. G. (1964). “Otto Struve 1897-1963”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 10: 282–304. doi:10.1098/rsbm.1964.0017. 
  2. ^ Otto Struve”. 国際天文学連合. 2015年11月28日閲覧。
  3. ^ National Radio Astronomy Observatory Archives: NRAO Timeline”. アメリカ国立電波天文台. 2015年11月28日閲覧。