メインメニューを開く
ホテル正面

オテル・デ・ミル・コリンフランス語: Hôtel des mille collines)とは、ルワンダの首都、キガリにあるホテル1994年ルワンダ虐殺の際に、1000人以上の避難民をかくまった場所として有名になった。映画『ホテル・ルワンダ』は当時の支配人であったポール・ルセサバギナの話をもとにしている。ホテルの名前になっている、フランス語のミル・コリン(千の丘)とは、ルワンダの別称である。

目次

歴史編集

1973年に建設され、ルワンダ虐殺の当時は、サベナ・ベルギー航空社がホテルを経営していた[1]ルワンダ紛争の停戦を監視する国際連合ルワンダ支援団(UNAMIR)は1993年10月の発足当初はホテルを本部にしていたが、翌11月にUNAMIR司令官のロメオ・ダレールとルワンダのジュベナール・ハビャリマナ大統領は、1986年中華人民共和国によって建設されたアマホロ・スタジアム英語版を新たな本部に代えた[2]。ホテルのヨーロッパ人支配人は退避しており、副支配人であったルセサバギナが支配人となった。フツ族民兵賄賂を使って避難民を虐殺から守り、や食料を確保する手配を行い、1000人以上の避難民が助けられた。

現在でも四つ星ホテルとして営業している。施設には112の客室、カフェバー、3の会議室、レストラン、プールがある。公式ホームページによれば、2005年9月15日に、サベナ社から、ルワンダのミッコー・ホテルズ・ホールディング(Mikcor Hotels holding)に経営譲渡された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Mwai, Collins. “Mille Collines snaps ties with Kempinski Hotels”. The New Times Rwanda. 2018年10月21日閲覧。
  2. ^ Dallaire, Roméo (2005). Shake Hands with the Devil: The Failure of Humanity in Rwanda. London: Arrow. ISBN 9780099478935. pp. 106-110.

出典・参考文献編集

外部リンク編集