椅子に座るのがアスラ王マハーバリ。祭の主役である。

オナム (Onam) とは、インドケーララ州の祭の名前である。オーナムとも言う。

目次

解説編集

 
オナムプーカラム

オナム祭は、古代のインド神話に登場するアスラの王・マハーバリを称え、かつマハーバリがケーララに戻ってくることを祈願する祭である。ケーララ州最大の祭りとなる。祭りはインドのマラヤーラム暦におけるチンガム月 (Chingam) と呼ばれる月の最後の10日間(日本で言えば8月末から9月になる[要出典])に開催される。オナム祭は収穫祭としての色合いも持つ。オナム祭は千数百年の伝統があるとも言われ、今日ではケーララ州だけでなく、世界各地のケーララ移民のコミュニティでも行われている。また、オナム祭開催時には花や色砂を用いて、オナムプーカラム (Onam pookkalam) と呼ばれる円形の装飾(またはフラワーカーペット)が街のあちこちで作られる。花びらも街のあちこちに舞い降りる。これらの華やかなオナムプーカラムはマハーバリを迎え入れるためのものである。

Athamという日がオナム祭の初日である。Thrikkakara Temple(ここにマハーバリは住まうという)寺院から公式に祭りの初日が始まる。Anizhamと呼ばれる5日目には「スネークボートレース」(現地名「Vallam Kali」)という競争もケーララ州の数箇所で行なわれる。

プリカリ編集

 
最終日「プリカリ」で虎に扮する人々

最終日は「聖なるオナム祭」とも言われる。この最終日に「プリカリ」(Puli Kali)という祭が行なわれる。「Puli」が豹か虎という意味で、 「Kali」が遊ぶという意味である。オナム祭の中で最も特筆に価する祭りである。なぜならプリカリでは(または虎人)に扮装をした人々による虎踊りが行なわれるからである。トリチュール市(Thrissur)のプリカリが有名である。プリカリは200年以上の伝統を誇るといわれている。コーチン藩王国Sakthan Thampuran藩王のころから「プリカリ」はあったといわれている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集