オフィサーOfficer[2]とは、アメリカ合衆国生産・調教の競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に2001年シャンペンステークスデルマーフューチュリティステークスベストパルステークス英語版

オフィサー
Owner The Thoroughbred Corporation.svg
ザ・サラブレッド・コーポレイションの勝負服
欧字表記 Officer[1][2]
品種 サラブレッド[2]
性別 [2]
毛色 鹿毛[2]
生誕 1999年2月14日[1]
Bertrando[1]
St.Helen's Shadow[1]
母の父 Septieme Ciel[1]
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(カリフォルニア州)[1]
生産者 Mr. & Mrs.Martin J.Wygod[1]
馬主 The Throughbred Corporation[1]
調教師 B.バファート(アメリカ)[1]
競走成績
生涯成績 9戦6勝[2]
獲得賞金 80万4090ドル[1]
勝ち鞍
GI シャンペンステークス 2001年
GII デルマーフューチュリティステークス 2001年
GIII ベストパルステークス 2001年
テンプレートを表示

経歴編集

  • 特記事項なき場合、本節の出典はEQIBASE[1]

2001年7月6日、ハリウッドパーク競馬場でのメイドン競走でデビューし、2着クラウンザキングに6馬身差をつけて1着。2戦目デルマー競馬場でのグラデュエーションステークスでもクラウンザキングを8馬身差で破って2連勝。重賞初出走となったベストパルステークスではメタトロンを7馬身差で破って、3連勝で重賞初制覇とした。デルマーフューチュリティステークスで重賞2連勝、デビュー以来4連勝とすると東海岸に飛び、ベルモントパーク競馬場のシャンペンステークスでジャンプスタートを2着に退け、5連勝でG1競走に勝利した。しかし、続くブリーダーズカップ・ジュヴェナイルヨハネスブルグの5着に終わって連勝が止まり、西海岸に戻ってカリフォルニアカップジュヴェナイルとハリウッドフューチュリティの2戦を走るが2着と3着に終わり、休養に入る。2002年、初戦のザニータクティクスステークスを勝ちあがってクラシックを目指したが負傷により果たせず、そのまま引退した[3]

競走成績編集

以下の内容は、EQIBASE[1]の情報および記載法に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 頭数 枠番
(PP)
馬番
(Pgm)
着順 騎手 斤量(lb./kg換算) タイム 着差 勝ち馬/(2着)馬
2001.07.06 サラトガ メイドン ダ5.5f 07 03 04 01着 V. エスピノーザ 118/53.5 1:03.68 6馬身 (Crown the King)
0000.07.25 デルマー グラデュエーションS ダ5.5f 06 02 03 01着 V. エスピノーザ 117/53 1:04.32 8馬身 (Crown the King)
0000.08.15 デルマー ベストパルS G3 ダ6.5f 03 03 1A 01着 V. エスピノーザ 121/55 1:15.08 7馬身 (Metatron)
0000.09.05 デルマー デルマーフューチュリティS G2 ダ7f 05 05 2B 01着 V. エスピノーザ 121/55 1:22.33 1馬身1/2 (Kamsack)
0000.10.06 ベルモントパーク シャンペンS G1 ダ8.5f 05 04 04 01着 V. エスピノーザ 122/55.5 1:43.39 3馬身3/4 (Jump Start)
0000.10.27 ベルモントパーク ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル G1 ダ8.5f 12 02 02 05着 V. エスピノーザ 122/55.5 (5馬身1/4) Johanesburg
0000.11.03 サンタアニタ カリフォルニアカップジュヴェナイルS ダ8.5f 12 09 08 02着 G. スティーヴンス 118/53.5 (1馬身1/2) Yougottawanna
0000.12.15 ハリウッドパーク ハリウッドフューチュリティ G1 ダ8.5f 08 05 05 03着 D. フローレス 121/55 (4馬身) Siphonic
2002.04.07 サンタアニタ ザニータクティクスS ダ6.5f 06 04 04 01着 V. エスピノーザ 120/54.5 1:15.71 6馬身 (Hot War)

引退後編集

2003年よりゲインズウェイファームで種牡馬となり[3]2007年からはテーラーメイドファームで供用[4]2010年秋に韓国に移動した[5]

主な産駒編集

血統表編集

オフィサー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 インリアリティ系
[§ 2]

Bertrando
1989 黒鹿毛
父の父
Skywalker
1982 黒鹿毛
Relaunch In Reality
Foggy Note
Bold Captive Boldnesian
Captive Audience
父の母
Gentle Hands
1979 鹿毛
Buffalo Lark T.V.Lark
Chance Gauge
Three Red Bells Third Martini
Red Belle

St.Helen's Shadow
1993 鹿毛
Septieme Ciel
1987 鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Maximova Green Dancer
Baracala
母の母
Little Bar Fly
1985 鹿毛
Raise a Man Raise a Native
Knight's Daughter
Splendid Ack Ack Ack Ack
Splendid Spree
母系(F-No.) (FN:1-s or 2-s) [§ 3]
5代内の近親交配 Boldnesian 4 × 5 = 9.38%、Native Dancer 5 × 5 = 6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [10]
  2. ^ [11]
  3. ^ [10][11][注釈 1]
  4. ^ [10][11]


脚注編集

注釈編集

  1. ^ JBISサーチでは1号族(1-s)、netkeibaでは2号族(2-s)

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Officer (CA)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Officer(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月19日閲覧。
  3. ^ a b Grade I Winner Officer to Stand at Gainesway”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2002年11月5日). 2020年4月26日閲覧。
  4. ^ Officer Relocated to Taylor Made”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2006年10月10日). 2020年4月26日閲覧。
  5. ^ Officer to Stand in Korea”. BloodHorse.com. Blood-Horse LLC. (2010年9月29日). 2020年4月26日閲覧。
  6. ^ Officer Rocket(GB)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月19日閲覧。
  7. ^ アポロドルチェ(USA)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月19日閲覧。
  8. ^ Boys At Tosconova (KY)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月19日閲覧。
  9. ^ Princess Violet (NY)”. EQUIBASE Horse Profile. Equibase Company LLC.. 2020年4月19日閲覧。
  10. ^ a b c Officer(USA) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月19日閲覧。
  11. ^ a b c Officerの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月19日閲覧。

外部リンク編集

  • 競走馬成績と情報 netkeibaJBISサーチRacing Post エラー:|racingpostname=が未定義です。