オムニバス

作家個人の単発作品を集めひとつにまとめて出版した作品

オムニバス: omnibus)は、ラテン語で「全ての物の為に」を意味する語である[1]。それを語源として、英語では「多数のものを含む」「包括的な」「抱き合わせの」などの意味がある[1]

本項では芸術作品の形態について記述する。包括的な意味については「オムニバス (曖昧さ回避)」を参照のこと。

なお、日本における用法は派生的なもので、英語での用法とは異なるので注意を要する。

芸術分野での用法編集

芸術分野においては、複数の作者による独立した作品を集め、ひとつにまとめたものものを「オムニバス」と呼ぶ。

映画テレビドラマの場合は「オムニバス映画」「オムニバスドラマ」となり、それぞれ独立した作品を共通したテーマなどに沿って集める。短編作品や、テレビ放映における連続した作品をまとめる場合などが多い。

音楽の場合は、複数のアーティストの音源をまとめたアルバムを「オムニバスアルバム」と称する。ある特定のテーマに沿って編集したオムニバスアルバムを「コンピレーション・アルバム」と呼ぶことがある。

小説などの文学作品漫画の場合は「アンソロジー」と呼ぶことが多い。英語で「オムニバス」という場合は一人または複数の作者の作品を1冊にまとめた「選集」、特に廉価版の書籍を指す[1]

脚注編集

  1. ^ a b c omnibusとは 意味・読み方・使い方 Weblio 英和辞典・和英辞典

関連項目編集