メインメニューを開く

オレンジリーフ (補給艦・3代)

オレンジリーフ(RFA Orangeleaf, A110)とは、イギリス海軍補助艦隊給油艦である。この名を冠する艦としては3代目に相当する[1]

オレンジリーフ
A110 オレンジリーフ
A110 オレンジリーフ
基本情報
建造所 キャメル・レアード英語版バーケンヘッド造船所[1]
運用者  イギリス海軍補助艦隊
級名 STaT 32型石油タンカー
リーフ型給油艦
艦歴
進水 1975年2月12日[2][1]
竣工 1979年6月28日[1]
就役 1984年5月2日[1]
退役 2015年9月30日[1][2]
改名 ハドソン・プログレス (1975年- 1979年)
バルダー・ロンドン (1979年 - 1984年)
オレンジリーフ (1984年以後)[1]
要目
搭載能力 ・ディーゼル燃料:22,000立方メートル
・航空燃料:3,800立方メートル
・限定的な冷蔵食料品及びドライカーゴ搭載能力[2]
兵装 ・20mm機関砲×2門
・7.62mm機関銃×4挺[2]
テンプレートを表示

オレンジリーフは、リーフ型給油艦の中で最後まで現役にあった艦である。

来歴編集

本船は、元々はジョン・ハドソン燃料海運株式会社(John Hudson Fuel and Shipping Ltd.:以下ジョン・ハドソン社)がキャメル・レアード英語版に発注した4隻のSTaT 32型タンカーのうちの1隻である。1973年10月に、バークレイズ銀行より4,296,160ポンドの融資を受け、本船の建造契約が結ばれた[1]

1975年2月12日、キャメル・レアードのバーケンヘッド造船所において進水しハドソン・プログレス(MV Hudson Progress)と命名され、 同年の7月には艤装が完了し、航行試験のためにキャメル・レアードの子会社であるムーンチェイス株式会社(Moonchase Ltd.)に移管された[1]

しかし、翌1976年12月、発注元のジョン・ハドソン社とキャメル・レアードとの間で本船の所有権の差し押さえに同意し、ハドソン・プログレスは1979年6月にロイズ産業リーシング株式会社(Lloyds Industrial Leasing Ltd.)に売却された後、同年7月にはオスロのParley Augustsson社にリースされ、バルダー・ロンドン(MV Balder London)に改名された[1]

1982年5月13日、バルダー・ロンドンはフォークランド紛争勃発に伴いイギリス海軍に徴用され、機動部隊への燃料輸送に従事した[1][2]

1984年5月2日付でイギリス国防省とのチャーター契約が結ばれ(2001年に購入)、オレンジリーフに改名。改名後は給油艦としての洋上補給英語版用設備やドライカーゴ搭載スペースの設置などの改修を受け、1986年5月2日に正式に艦隊に加わった[1]

1991年の湾岸戦争や2003年のイラク戦争にも参加した[1]が、2015年9月30日付で退役した[1][2]

参考文献・サイト編集

関連項目編集