オーヴルチ公オーヴルチ公国の君主の称号である(「公」はクニャージからの訳出による)。君主号・公国の名は、その首都だったオーヴルチによる。

オーヴルチ公の一覧編集

一覧のうち、(  )はオーヴルチ公国領域の統治者の称号を示す。

キエフ・ルーシ期(ドレヴリャーネ公)

  • オレグ・スヴャトスラヴィチ(ru) - 在位:970年 - 977年
  • スヴャトスラフ・ウラジミロヴィチ(ru) - 在位:988年 - 1015年

キエフ・ルーシ期・オーヴルチ公

ジョチ・ウルス期・オーヴルチ公

モンゴルのルーシ侵攻を経て、1240年よりジョチ・ウルスのバスカクによる統治が行われた。この期間にオーヴルチ公として言及される以下の人物がいる。
  • アンドレイ・イヴァノヴィチ - 在位:14世紀の第一四半期[1]
  • エフスタフィー・イヴァノヴィチ - 在位:14世紀の第一四半期
  • イヴァン・スタニスラヴィチ - 在位:14世紀前半
  • イヴァン・ボリソヴィチ? - 在位:? - 1399年[1]
  • ドミトリー?[1]

リトアニア大公国期(キエフ公)

1362年シニュハ川の戦いでリトアニア大公国がジョチ・ウルスを破り、オーヴルチを含む南ルーシを領土に加えた。リトアニア大公国期には、オーヴルチは主にキエフ公の所領の一部として統治された[4]


出典編集

  1. ^ a b c d e f g Л. В. Войтович Додаток 1. Державні утворення на українських і суміжних з ними землях та їхні правителі XIII — першої половини XVII ст. // ІСТОРІЯ УКРАЇНСЬКОЇ КУЛЬТУРИ Том 2 (Українська культура XIII — першої половини XVII століть)
  2. ^ СМОЛЕНСЬКА ГІЛКА РЮРИКОВИЧА. СМОЛЕНСЬКА І ЯРОСЛАВСЬКА ДИНАСТІЇ // Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ
  3. ^ Н. Маркевич. История Малороссии, Т. 5, М. 1843
  4. ^ Теодорович Н. И. Историко-статистическое описание церквей и приходов Волынской епархии. Т. 1. Почаев, 1888[リンク切れ]