ロスチスラフ・ウラジミロヴィチ (オーヴルチ公)

ロスチスラフ・ウラジミロヴィチロシア語: Ростислав Владимирович、? - 1242年以降)は、ウラジーミル・リュリコヴィチの子である。オーヴルチ公(在位:1223年 - 1235年[1][2])。

ロスチスラフ・ウラジミロヴィチ
Ростислав Владимирович
オーヴルチ公
在位 1223年 - 1235年

死去 1242年以降
子女 ユーリー?
家名 リューリク家
父親 キエフ大公ウラジーミル4世
テンプレートを表示

生涯編集

ロスチスラフは、かつて自身の父ウラジーミル、祖父リューリクが治めたオーヴルチ公国1223年より統治した。それは同年のカルカ河畔の戦いキエフ大公ムスチスラフ3世が死亡し、オーヴルチ公位にあった父がキエフ大公となったことによる。1234年、父の派遣した外交使節と共にキエフからガーリチへ赴き、ガーリチ公ダニールを、チェルニゴフ公ミハイルに対する遠征に踏み切らせている。

ルーシ南部へのモンゴルの侵攻の最中、父のウラジーミルは1239年に死亡した。この時期にロスチスラフが何をしていたのかは、年代記には記されておらず、1242年ホルムにいたダニール(上記のダニール)の元へ現れたということのみが記されている。史料上に、以降のロスチスラフに関する記録はない。

ロスチスラフの妻に関しては不明である。子に関しては、1289年ヴォルィーニ公ムスチスラフ(上記のダニールの子)に服属したポロシエの公ユーリーという人物が、あるいはロスチスラフの子ではないかと推測されている。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 3.16. СМОЛЕНСЬКА ГІЛКА РЮРИКОВИЧА. СМОЛЕНСЬКА І ЯРОСЛАВСЬКА ДИНАСТІЇ // Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ
  2. ^ Н. Маркевич. История Малороссии, Т. 5, М. 1843

参考文献編集

先代
ウラジーミル4世
オーヴルチ公
1223年 - 1235年
次代
ウラジーミル4世