メインメニューを開く
本来の表記は「虢石父」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

虢 石父(かく せきほ、? - 紀元前771年頃)は、の君主で、王族虢公鼓とも称し、楊寛の『西周史研究』では「鼓が名で、石父は字」とする。梁玉縄の『古今人表考』によると、子は虢公翰と見なしている。

虢石父
王朝
姓・諱 姫鼓
石父
虢文公

周の幽王が虢石父を上卿とし、祭公を司徒とし、尹球を大夫とした。石父はよくへつらって利を好み、人民に対して収奪を加えたので、国人はみな彼を怨んだ。石父は幽王に驪山の烽火台に登るよう勧め、守兵に命じて烽火に点火させ、たわむれに諸侯を召集させた。褒姒が大笑いしたので、幽王は千金を与えて石父を賞した。最後には西周の滅亡を導いた。彼自身は犬戎の先鋒隊によって殺害された。