カタリーナ・ディ・サヴォイア

カタリーナ・ディ・サヴォイア(イタリア語:Caterina di Savoia, 1297/1304年 - 1336年9月30日)は、オーストリア公レオポルト1世の妃。

カタリーナ・ディ・サヴォイア
Caterina di Savoia
Catherine of Savoy (1284-1336).jpg

出生 1297/1304年
Banner of the Duchy of Brabant.svg ブラバント公国
死去 1336年9月30日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ラインフェルデン英語版
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Tirol and Upper Austria.svg チロル伯領、ケーニヒスフェルデン修道院英語版
1770年
ザンクト・ブラジエン大聖堂ドイツ語版
1806年
シュピタル・アム・ピュールン修道院ドイツ語版
1809年
ザンクト・パウル修道院英語版
配偶者 オーストリア公レオポルト1世
子女 カタリーナ
アグネス
家名 サヴォイア家
父親 サヴォイア伯アメデーオ5世
母親 マリー・ド・ブラバン
テンプレートを表示

生涯編集

カタリーナはサヴォイア伯アメデーオ5世とその2番目の妃マリー・ド・ブラバンの間の娘である。ハプスブルク家ルクセンブルク家の和解の結果として、1310年よりカタリーナとオーストリア公レオポルト1世との結婚についての話し合いが始まった。1315年5月26日バーゼルにおいてカタリーナとレオポルト1世は結婚した。この結婚で2人の娘が生まれた。カタリーナは政治にも関与し、教皇ヨハネス22世ともしばしば連絡を取った。1326年に夫レオポルト1世が死去した。

1336年にカタリーナは死去し、ケーニヒスフェルデン修道院英語版に埋葬された。1770年ザンクト・ブラジエン大聖堂ドイツ語版に改葬されたが、1806年にザンクト・ブラジエン修道院英語版が閉鎖された後、シュピタル・アム・ピュールン修道院ドイツ語版に移された。さらに1809年ケルンテンラヴァントタール英語版にあるザンクト・パウル修道院英語版に改葬された。

子女編集

参考文献編集

 
カタリーナ・ディ・サヴォイア(16世紀)