メインメニューを開く
クシー家の紋章

クシー家は、フランスピカルディーのクシーを領した貴族の家系。

概要編集

975年にランス大司教がその所領をブロワ伯ウード1世に割譲した。このウード1世がクシーの初代領主とされる[1]。1059年にはオーブリー・ド・クシーがノジャン=ス=クシーのベネディクト会修道院を建立した[1]。12世紀のアンゲラン1世以降14世紀まで男系子孫によりクシーとそれに付随する領地が継承された。アンゲラン1世の息子トマは母方よりマルルおよびラ・フェールを相続し、クシー家の領地に加えた[2]。1223年にはアンゲラン3世は7年かけてクシーに城を大規模に改築した[3]。1340年に生まれたアンゲラン7世は捕虜としてイングランドにあった間に、イングランド王エドワード3世の娘イザベラと結婚した。しかしそのイザベラとも、二度目の妻イザベル・ド・ロレーヌとの間にも男子を儲けることができず、アンゲラン7世が1397年に死去した後は長女マリーが継承したものの、マリーは所領の大半をオルレアン公ルイに売却し、クシー家は断絶した。

系図編集

 
 
 
アデル
(マルル領主リタール娘)
 
アンゲラン1世
(1042-1116)
 
シビル・ド・シャトー=ポルシャン
 
ジョフロワ
ナミュール伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イダ
(エノー伯ボードゥアン2世娘)
 
トマ
(1078-1130)
 
メリゾン・ド・クレシー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アニェス
(ボージャンシー領主ラウル1世娘)
 
アンゲラン2世
(-1149)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アニェス
(エノー伯ボードゥアン4世娘)
 
ラウル1世
(-1191)
 
アリックス
(ドルー伯ロベール1世娘)
 
アンゲラン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マオー
ハインリヒ獅子公の娘)
 
アンゲラン3世
 
マリー・ド・モンミライユ
 
トマ
ヴェルヴァン領主
 
ラウル
 
ロベール
 
ボードゥアン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
1=スコットランド王アレグザンダー2世
2=ジャン・ド・ブリエンヌ
 
ラウル2世
(-1250)
 
マルグリット
(ゲルデルン伯オットー2世娘)
 
アンゲラン4世
(-1311)
 
ジャンヌ
(フランドル伯ロベール3世娘)
 
アリックス
 
アルノール3世
ギネ伯
 
ジャンヌ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャサリン・リンゼイ
 
アンゲラン5世
(-1321)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イザベル・ド・シャティヨン
 
ギヨーム1世
(-1335)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カタリーナ
(オーストリア公レオポルト1世娘)
 
アンゲラン6世
(1313-1346)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンゲラン7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリー
 
アンリ・ド・マルル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スカルポン家
 

脚注編集

  1. ^ a b タックマン、p. 7
  2. ^ タックマン、p. 9
  3. ^ タックマン、p. 4

参考文献編集

  • バーバラ・W・タックマン、徳永守儀 訳 『遠い鏡』 朝日出版社、2013年