カタルーニャ民主協定

カタルーニャ民主協定カタルーニャ語: Pacte Democràtic per Catalunya、略称PDPCあるいはPDC)は国会議員選出のために1977年6月15日に実施された総選挙のために設立されたカタルーニャの選挙連合。選挙活動はカタルーニャのための自治憲章の制定に焦点を合わせて行われた。選挙連合には以下の党派が参加した[1]

 カタルーニャ州の選挙連合
カタルーニャ民主協定

Pacte Democràtic per Catalunya(PDPC)
代表者 ジョルディ・プジョル
創立 1977年スペイン議会総選挙
合併元 カタルーニャ民主集中(CDC)
カタルーニャ社会党=再結集派(PSC-R)
カタルーニャ民主主義左派(EDC)
カタルーニャ民族戦線(FNC)
政治的思想 カタルーニャ民族主義

結果は514,647票を獲得(カタルーニャ地方の16.68%、全スペインの2.81%の票を獲得)、11議席を得、その内訳はCDCが5、PSC-Rが4、EDCが2議席であった。候補者リスト筆頭はジョルディ・プジョルであった。選挙後この連合は崩壊、PSC-Rはスペイン社会労働党(PSOE)とカタルーニャ社会主義者党(PSC)スペイン語版を構成するカタルーニャ社会党=会議派スペイン語版に合流した。一方CDC(1978年にEDCが加わった)はカタルーニャ民主連合と政党連合集中と統一を結成した。

脚注編集

  1. ^ Álvaro, Francesc-Marc (2010). Ara sí que toca!: Jordi Pujol, el pujolisme i els successors. Edicions 62. p. 22. ISBN 8429765700