メインメニューを開く

カドカワ・エンタテインメント(カドカワエンタテインメント[注 1]、Kadokawa Entertainment)は、株式会社KADOKAWA 角川書店ブランドカンパニーが発行している新書ノベルズ)レーベルである。カドカワノベルズ (KADOKAWA NOVELS)[1][2]の後継レーベル。1997年8月から発行されている[3][出典無効]。ジャンルとしてはミステリーが大半を占める。書き下ろしの他、『小説 野性時代』に連載した作品、単行本のノベルズ化、映画のノベライズ[注 2]などが発行されている。本レーベルにはをモチーフにしたイラストが入っている。カバー背中には朱色と白色が用いられている。収録作品の多くは現役作家によるものであるが、例外として横溝正史『喘ぎ泣く死美人』『双生児は囁く』がある[4][出典無効]

目次

主な収録作家編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 公式サイトでは「カドカワエンタテインメント」と中黒は入っていないが、実際のカバーや帯の表記は中黒が入っている。
  2. ^ 映画のノベライズには、アルフレッド・チョン『無問題』、柏原寛司『小説ゴジラ2000 ミレニアム』、永井泰宇『39 刑法第三十九条』などがある。
  3. ^ 『哀切の小海線』(2013年11月発売)、『青森わが愛』(2014年4月発売)に関しては、カバーの体裁はこれまでと同様であるが、カバー・帯・表紙に「カドカワ・エンタテインメント」の文字と蝶のマークが載せられていない。公式サイトでも単行本扱いになっている。

出典編集

外部リンク編集