カルネアデス

古代ギリシアの哲学者

カルネアデスギリシャ語: Καρνεάδης, ラテン文字転写: Carneádēs または Karneádēs, 紀元前214年 - 紀元前129年)は、古代ギリシアヘレニズム期哲学者カルネアデスの板という問題を出したことで有名である。

カルネアデス

キュレネで生まれ、アテナイアカデメイアで哲学を学んだ。そしてアカデメイアの学頭となり、急進的な懐疑主義(蓋然主義者ともいわれる)の立場からストア学派を攻撃した。著作はないが、弟子のクレイトマコスなどによって伝えられている。

紀元前155年ペリパトス派クリトラオス英語版ストア派バビロニアのディオゲネス英語版とともにローマを訪れ、ローマ哲学の嚆矢となった。

外部リンク編集