メインメニューを開く

カンデー・ラーオ・ホールカル1798年 - 1807年2月22日)は、インドマラーター同盟ホールカル家の当主(在位:1799年 - 1807年)。

カンデー・ラーオ・ホールカル
Khande Rao Holkar
ホールカル家当主
在位 1799年 - 1807年
戴冠 1799年1月

出生 1798年
プネー
死去 1807年2月22日
バーンプラ
王家 ホールカル家
父親 マルハール・ラーオ・ホールカル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1797年9月、カンデー・ラーオの父マルハール・ラーオ・ホールカルダウラト・ラーオ・シンディアの攻撃を受け、プネーで死亡した[1]。その後、その妊娠中の母は捕えられ、1798年にプネーで彼を生んだ[2]

1799年1月、叔父ヤシュワント・ラーオ・ホールカルはカンデー・ラーオが当主であることを宣言し、自身も共同統治者(あるいは摂政)となったことを宣言したが、彼はプネーに依然として捕らわれたままだった[3]

1802年10月、ヤシュワント・ラーオは同盟の宰相バージー・ラーオ2世を破った。そして、1803年にカンデー・ラーオはヤシュワント・ラーオとともにプネーを出て、本国へ帰還した。

カンデー・ラーオ・ホールカルの治世は、摂政である叔父ヤシュワント・ラーオによって政治が行われた[4]。その間にはイギリスとの間に第二次マラーター戦争が起こった。

そして、1807年2月22日にカンデー・ラーオはコレラで死亡し、ヤシュワント・ラーオが単独の当主となった[5][6]

出典・脚注編集

関連項目編集