カンポ・ホルダンの戦い

カンポ・ホルダンの戦い(カンポ・ホルダンのたたかい、スペイン語: Batalla de Campo Jordán)はチャコ戦争中の1933年2月、ボリビア軍とパラグアイ軍の間の戦闘。ボリビアが勝利して、パラグアイ軍がゴンドラ(Gondra)に撤退した結果、パラグアイはアリウアタ(Alihuatá)とサアベドラ(Saavedra)=アリウアタ間の補給路を失った。

カンポ・ホルダンの戦い
Chaco14.jpg
パラグアイ軍の塹壕
戦争チャコ戦争
年月日1933年2月
場所グランチャコ
結果:ボリビアの戦術的勝利
交戦勢力
ボリビアの旗 ボリビア パラグアイの旗 パラグアイ
指導者・指揮官
ボリビアの旗 エンリケ・ペニャランダ英語版 パラグアイの旗 ホセ・フェリクス・エスティガリビア・インサウラルデ
戦力
3,000 3,000
Template:Campaignbox チャコ戦争

参考文献編集

  • Masamaclay, historia de la guerra del Chaco, 2nd edition.