カン・チョルジュン 公共の敵1-1

カン・チョルジュン 公共の敵1-1』(カン・チョルジュン こうきょうのてき1-1、原題:강철중: 공공의 적 1-1)は、2008年公開の韓国映画。『公共の敵朝鮮語版』『公共の敵2 あらたなる戦い朝鮮語版』に続く、シリーズ第3作。

カン・チョルジュン 公共の敵1-1
강철중: 공공의 적 1-1
監督 カン・ウソク
脚本 チャン・ジン
音楽 チョ・ヨンウク朝鮮語版
撮影 キム・ソンボク
配給 大韓民国の旗 シネマサービス
日本の旗 エスビーオー
公開 大韓民国の旗 2008年6月19日
日本の旗 2010年8月21日
上映時間 127分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
テンプレートを表示
カン・チョルジュン 公共の敵1-1
各種表記
ハングル 강철중: 공공의 적 1-1
発音 カンチョルジュン コンゴンエ チョク(イル イル)
日本語読み: かん・ちょるじゅん こうきょうのてき1-1
題: Public Enemy Returns
テンプレートを表示

ストーリー編集

江東署強行班刑事のカン・チョルジュン(ソル・ギョング)は仕事に嫌気が差し辞表を提出するも、ある高校で殺人事件が起きたために辞表の提出を延期させられる。仕方なく事件の捜査をしていると犯行現場に残された指紋が、別の屠殺場殺人事件現場に残された指紋と一致する。調べを進めていくと、事件の背後で未成年の少年をヤクザ候補生として教育する"巨成"グループの会長、ウォンスル(チョン・ジェヨン)という人物が暗躍していることを突き止める。

キャスト編集

受賞編集

外部リンク編集