カーボナタイト: carbonatite)は、方解石または苦灰石を主成分とする火成岩石灰岩苦灰岩とは起源が全く異なり、火成炭酸塩岩(かせいたんさんえんがん)ともいう。マントル由来・成分未溶融・結晶分別等の成因が上げられ未解明である。岩脈や岩床など貫入岩として見られることが多く、世界中の330ヵ所で、とくに古い年代で知られる。キンバレー岩との関連も指摘される。

カーボナタイト carbonatite
火成岩
Carbonatite.jpg
ブラジルJacupiranga産。黒色が磁鉄鉱、白色が方解石、緑色がかんらん石
構成物
方解石または苦灰石
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

唯一、タンザニアオルドイニョ・レンガイがカーボナタイトを噴出した活火山である。

参考文献編集

  • 黒田吉益諏訪兼位『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』共立出版、1983年。ISBN 4-320-04578-5
  • 諏訪兼位『裂ける大地 アフリカ大地溝帯の謎』講談社〈講談社選書メチエ〉、1997年。ISBN 4-06-258107-8
  • 諏訪兼位『アフリカ大陸から地球がわかる』岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2003年。ISBN 4-00-500431-8

関連項目編集

外部リンク編集