地球の外観

地球科学(ちきゅうかがく、英語: earth sciencegeoscience)とは、地球を研究対象とした自然科学の一分野であり[1][2]、その内容は地球の構造環境地球史など[1]多岐にわたる[2]。近年では太陽系に関する研究も含めて地球惑星科学英語: earth and planetary science)ということが多くなってきている[3]日本では、ほぼ同義で主に高等学校での科目名や大学での学科名として[要検証 ]地学という略称が一般的に用いられてきた[要出典]

目次

学史編集

ギリシャ時代では、地球に関する研究は石炭発掘と密接に関係していた[4]。18世紀では地質学が発達・確立した。自然史学的な色彩が濃かったために[要出典]、比較的進歩は遅く、19世紀の終わり頃から地球物理学地球化学が発展した[4]。1960年代にプレートテクトニクスが発達した[4]。しかしながら地球に関してはまだ解明されていないことが多く、まだ本格的な研究は始まったばかりと言っても過言ではない[要出典]。現段階で地球は実質的に人類の生活できる唯一のであり、資源の利用法など、人類の進歩のためにその解明の必要性はむしろ高まりつつある[要出典]。また、近年、関心が高まった環境問題[5]地震予知火星探査などに直接関わる分野として注目され始めており、今後の更なる発展が期待される[要出典]学問である。

地球科学あるいは地球惑星科学は、ひとつの学問体系というよりは地球に関する様々な学問分野の総称であり、地質学鉱物学地球物理学地球化学などに細分化されている。またその研究対象も、分野によって大気圏・表層環境・生命圏・地球内部・太陽系など多様であるが、最近ではこれらの相互関係に重点を置いて地球全体をひとつのシステムとしてとらえ総合的に研究しようとする地球システム学(惑星システム学)が提唱されている[誰によって?]

地学編集

地学(ちがく)という言葉は、幕末geography訳語として提唱されたものであるが、明治になって geography を「地理学」、geology を「地質学」と訳すのが普遍的になったため、「地学」という語義はやや曖昧[要出典]である。

一般には物理学化学生物学などと同様に、高校の授業科目や大学受験科目として、地球や天文に関するものを「地学」と呼ぶことが多い。[要出典]大学などにおける専攻分野としての「地学」は地質学・鉱物学を主体とするものであるが、通常これに加え古生物学自然地理学などが含まれる。さらに広義には「地球科学」とほぼ同義に用いられることがある。

分野編集

以下に、地球科学あるいは地球惑星科学と総称される主な研究分野を挙げる。これらは必ずしも独立の用語ではなく、同義あるいは互いを包括する語として用いられることが頻繁にある。

関連分野編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 西村 2010, pp. まえがき.
  2. ^ a b 鹿園 2009, p. 7.
  3. ^ 地球科学とは~はじめに~”. 2017年8月12日閲覧。富山大学理学部地球科学科
  4. ^ a b c 鹿園 2009, pp. 9-12.
  5. ^ 松岡 憲和・田中 博・杉田 倫明・手塚 章・村山 祐司・恩田 裕一(編)、2007、『地球環境学―地球環境を調査・分析・診断するための30章―』、古今書院 ISBN 978-4-7722-5203-4

関連項目編集

外部リンク編集