メインメニューを開く

カール・ミレススウェーデン語: Carl Milles, 1875年6月23日 - 1955年9月19日)は、スウェーデン生まれの彫刻家[1]

カール・ミレス
Carl Milles
Milles 1955.jpg
生誕 (1875-06-23) 1875年6月23日
スウェーデン、オービー (Örby)
死没 1955年9月19日(1955-09-19)(80歳)
スウェーデン、リーディンゲー (en:Lidingö)
著名な実績 彫刻
配偶者 オルガ・ミレス (sv:Olga Milles)

1875年、スウェーデン、ウップランド地方ウプサラ近郊のオービー (Örby) に生まれる[1]。ミレスは、1879年に母親を亡くしている[1]。姉 (sv:Ruth Milles) は彫刻家で、弟 (sv:Evert Milles) は建築家である[1]

『神の手』

1895年より、ストックホルムの美術系の高校で彫刻や木工を学ぶ[2][3][4]

1897年フランスパリに渡ったミレスは、美術学校で解剖学を学び、オーギュスト・ロダンの影響を強く受けている[1]

1904年ドイツミュンヘンに渡り、彫刻家アードルフ・フォン・ヒルデブラント (en:Adolf von Hildebrand) の芸術論に影響を受ける[5]

『人とペガサス』

1905年、オーストリア人画家、オルガ・ミレス (sv:Olga Milles) と結婚し、翌1906年、ストックホルムに戻り、北方民族博物館 (en:Nordic Museum) のために木彫像『グスタブ・バサ王』 (sv:Gustav Vasa (skulptur)) を製作する[1]

1920年から1931年にかけて、ストックホルムの王立美術アカデミーで教授を務める[1]。1931年から1951年にかけて、アメリカ合衆国ミシガン州クランブルック・アカデミー・オブ・アートで彫刻の教授を務める[1]

1945年にアメリカ国籍を取得する[5]1955年、ミレスは、リーディンゲー (en:Lidingö) にある住居兼アトリエ、ミレスゴーデン (en:Millesgården) で死去する[1][6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i The Milles family - Carl Milles”. ミレスゴーデン. 2019年5月3日閲覧。
  2. ^ ミレス”. コトバンク. 2019年5月3日閲覧。
  3. ^ CARL MILLES”. Cranbrook. 2019年5月3日閲覧。
  4. ^ コレクション 彫刻”. 下関市立美術館. 2019年5月3日閲覧。
  5. ^ a b Carl Milles”. Encyclopedia Britannica. 2019年5月3日閲覧。
  6. ^ ミレスゴーデン Millesgården”. スウェーデン観光文化センター. 2019年5月3日閲覧。