カール3世ヴィルヘルム (バーデン=ドゥルラハ辺境伯)

カール3世ヴィルヘルムKarl III. Wilhelm1679年1月18日 - 1738年5月12日)は、神聖ローマ帝国バーデン=ドゥルラハ辺境伯(在位:1709年 - 1738年)。1715年に宮殿を現在のカールスルーエ市に移した。また、行政の確立に努め、後を継いだ孫のカール・フリードリヒによるバーデン繁栄の基礎を築いた。

カール3世ヴィルヘルム
Karl III. Wilhelm
バーデン=ドゥルラハ辺境伯
Karl III Wilhelm V2.jpg
在位 1709年 - 1738年

出生 (1679-01-18) 1679年1月18日
ドゥルラハ
死去 (1738-05-12) 1738年5月12日(59歳没)
カールスルーエ
配偶者 マグダレーネ・ヴィルヘルミーネ・フォン・ヴュルテンベルク
子女 カール・マグヌス
フリードリヒ・フォン・バーデン=ドゥルラハ
アウグステ・マグダレーネ
家名 ツェーリンゲン家
父親 バーデン=ドゥルラハ辺境伯フリードリヒ7世
母親 アウグスタ・マリア・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ
テンプレートを表示

生涯編集

バーデン=ドゥルラハ辺境伯フリードリヒ7世ホルシュタイン=ゴットルプ家のアウグスタ・マリアの次男。長男が生後1ヶ月で夭折したため、世子として育つ。スペイン継承戦争に巻き込まれる等で、何回か戦いに参加している。

 
マルクト広場にあるピラミッド(カール3世ヴィルヘルムが永眠している)

ドゥルラハにある居城は、1689年に大同盟戦争で焼かれた後、フリードリヒ7世によって再建に着手されたが、費用の面から1703年に工事が停止されたままになっていた。カール3世ヴィルヘルムは、数キロ西の森に移すことに決め、1715年6月17日に宮殿の礎石を設置した。これが、ユニークな扇状道路を有し、バロック都市として有名なカールスルーエ市の誕生である。市の中心にあるマルクト広場のピラミッドは、この都市を建設したカール3世のおである。

家族編集

1697年ヴュルテンベルク公ヴィルヘルム・ルートヴィヒの娘マグダレーネ・ヴィルヘルミーネ(1677年 - 1742年)と結婚、3人の子を儲けた。

参考文献編集

  • この項目は、ウィキペディアのドイツ語版を基礎に作成している。
先代:
フリードリヒ7世
バーデン=ドゥルラハ辺境伯
1709年 - 1738年
次代:
カール・フリードリヒ