メインメニューを開く

ガイウス・スルピキウス・ガッルス (紀元前243年の執政官)

ガイウス・スルピキウス・ガッルスラテン語: Gaius Sulpicius Gallus、生没年不詳)は紀元前3世紀中期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前243年執政官(コンスル)を務めた。

ガイウス・スルピキウス・ガッルス
C. Sulpicius C.f. Ser.n. Gallus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 スルピキウス氏族
官職 執政官(紀元前243年)
テンプレートを表示

出自編集

パトリキであるスルピキウス氏族の出身。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はガイウス、祖父はセルウィウスである[1]紀元前166年の執政官ガイウス・スルピキウス・ガッルスは孫と思われる[2]

経歴編集

第一次ポエニ戦争の最終段階であった紀元前243年に、ガッルスは執政官に就任した。同僚執政官はガイウス・フンダニウス・フンドゥルスであった。おそらく、両執政官ともにシケリアに渡り、カルタゴの将軍ハミルカル・バルカと戦ったと思われる。しかし、この年の軍事作戦は不明であり[3]、またガッルス自身の行動も不明である。

歴史学者のフリードリッヒ・ミュンツァーは、ガッルスはシケリアには渡らず、イタリア半島での作戦を担当したのではないかと考えている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ カピトリヌスのファスティ
  2. ^ Münzer F. "Sulpicius 66", 1931, s. 808.
  3. ^ ポリュビオス歴史』、I, 56-57.
  4. ^ Münzer F. "Sulpicius 65", 1931. s. 808.

参考文献編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Friedrich Münzer. "Sulpicius 65" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft, 1931
  • Friedrich Münzer. "Sulpicius 66" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft. 1931.

関連項目編集