ガブドルハイ・アハトフ

ガブドルハイ・フラモヴィチ・アハトフロシア語: Габдулха́й Хура́мович Аха́тов英語: Gabdulkhay Akhatovソビエト連邦ロシア1927年9月8日 - 1986年11月25日)は、学者言語学者、東洋言語学の教授。[1]

ガブドルハイ・アハトフ
人物情報
生誕 (1927-09-08) 1927年9月8日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦タタール自治ソビエト社会主義共和国メンゼリンスク
死没 1986年11月25日(1986-11-25)(59歳)
出身校 タタール国立人文教育大学
学問
研究分野 言語学(トルコ語学)
テンプレートを表示

経歴編集

1927年、タタール自治ソビエト社会主義共和国メンゼリンスキー・カントン生まれ。タタール国立人文教育大学(Tatar State University of Humanities and Education)で東洋の言語を学ぶ。


研究内容・業績編集

  • 彼は約200の科学論文を発表している。これらの作品は、言語学の世界に重要な貢献である 。[2]
  • 彼の学問的研究は世界で認められている(東京で国際言語学者会議、1982年)[3]

受賞・栄典編集

  • ソビエト連邦の勲章を授与されている。

脚注編集