ガボン人民連合(ガボンじんみんれんごう、フランス語: Union du Peuple Gabonais、略称:UPG英語: Union of the Gabonese PeopleまたはUnion of the People of Gabon)は、ガボン政党

ガボンの旗 ガボン政党
ガボン人民連合
Union du Peuple Gabonais,(UPG)
成立年月日 1989年
本部所在地 リーブルヴィル
国民議会[1]  議席数
0 / 120   (0%)
(2011年12月17日[1]
元老院議席数
0 / 91   (0%)
テンプレートを表示

ガボンはガボン民主党一党制であったが、1989年7月14日ピエール・マンブンドゥ英語版は、パリで党設立を宣言した。1998年の大統領選挙でマンブンドゥは、党公認候補として立候補し、現職のオマール・ボンゴ大統領に次ぐ16.5パーセントの票を得た。しかし、2001年12月9日の総選挙では下院国民議会で議席を獲得できなかった[2]2005年11月27日に行われた大統領選挙にマンブンドゥは再度立候補し、オマール・ボンゴ大統領に次いで13.6パーセントを獲得した。 2006年12月17日から12月24日に行われた総選挙でも、8議席を維持した。 2009年8月30日大統領選挙でも、マンブンドゥは8万5000票、25パーセントの得票率で3位につけた[3]2011年10月15日、マンブンドゥ党首は死去した[4][5]

脚注編集