ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ

ガレアッツォ1世・ヴィスコンティGaleazzo I Visconti, 1277年1月21日 - 1328年8月6日)は、ミラノの僭主。

ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ
Galeazzo I Visconti
ミラノ僭主
Galeazzo I Visconti.jpg
19世紀に描かれたガレアッツォ1世の肖像
在位 1322年 - 1327年

出生 (1277-01-21) 1277年1月21日
死去 (1328-08-06) 1328年8月6日(51歳没)
ペーシャ
配偶者 ベアトリーチェ・デステ
子女 アッツォーネ
リッチャルダ
家名 ヴィスコンティ家
父親 マッテーオ1世・ヴィスコンティ
母親 ボーナコーサ・ボッリ
テンプレートを表示

生涯編集

マッテーオ1世・ヴィスコンティとボーナコーサ・ボッリの子[1]。1300年6月、ベアトリーチェ・デステ(オビッツォ2世・デステの娘)と結婚[2]。同年ヴィスコンティ家はミラノから追放され、彼はエステ家の領地とボーナコルシの宮廷で数年を過ごした。

1322年、彼は『民の隊長』(Capitano del popolo)の称号をミラノで受けたが、まもなく従弟ロドリージオ・ヴィスコンティの叛乱によってミラノから脱出せざるをえなかった[3]神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世の支援を受け、彼は教皇の遣わした軍をヴァプリーノで打ち破った。1328年、弟マルコの裏切りにあい、弟ステーファノが暗殺され、ガレアッツォはモンツァに投獄された[3]。ガレアッツォは同じ年の3月に釈放され[3]、当時のギベリンの首領カストルッチョ・カストラカーニのもとに身を寄せた。しかし、数ヶ月後にペーシャで死んだ[3]

嫡子アッツォーネが後を継ぎ、娘リッチャルダはサルッツォ侯トンマーゾ2世の妻となった。

脚注編集

  1. ^ Newman 2005, p. 18.
  2. ^ Parker 1993, p. 131.
  3. ^ a b c d Black 2009, p. 39.

参考文献編集

  • Black, Jane (2009). Absolutism in Renaissance Milan: Plenitude of Power Under the Visconti and the Sforza 1329-1535. Oxford University Press 
  • Newman, Barbara (2005). “The Heretic Saint: Guglielma of Bohemia, Milan, and Brunate”. Church History (Cambridge University Press) 74 (1 Mar.). 
  • Parker, Deborah (1993). “Ideology and Cultural Practice: The Case of Dante's Treatment of Beatrice d'Este”. Dante Studies, with the Annual Report of the Dante Society (The Johns Hopkins University Press) No. 111. 
先代
マッテーオ1世
ミラノ僭主
1322年 - 1327年
次代
アッツォーネ