キナプリル(Quinapril)は、高血圧心不全糖尿病性腎症の治療に用いられるアンジオテンシン変換酵素阻害薬である[1]プロドラッグであり、肝臓で機能を持つ代謝物キナプリラトに変換される。

キナプリル
Quinapril structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Accupril
Drugs.com monograph
MedlinePlus a692026
胎児危険度分類
  • D
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 Oral
薬物動態データ
血漿タンパク結合97%
半減期2時間
識別
CAS番号
85441-61-8 チェック
ATCコード C09AA06 (WHO)
PubChem CID: 54892
IUPHAR/BPS 6350
DrugBank DB00881 チェック
ChemSpider 49565 チェック
UNII RJ84Y44811 チェック
KEGG D03752  チェック
ChEBI CHEBI:8713 チェック
ChEMBL CHEMBL1592 チェック
化学的データ
化学式C25H30N2O5
分子量438.516 g/mol
物理的データ
融点120 - 130 °C (248 - 266 °F)
テンプレートを表示

作用機構編集

キナプリルは、アンジオテンシンIからアンジオテンシンIIへの変換を触媒するアンジオテンシン変換酵素の作用を阻害する。アンジオテンシンIIは強力な血管収縮因子で、様々な機構により血圧を上昇させる。アンジオテンシンの生成を抑えることで、血漿中のアルドステロン濃度が低下し、尿へのナトリウムの排出が増加し、血液中のカリウム濃度が増加する。

治療薬編集

キナプリルは、高血圧の治療や心不全管理の補助治療に用いられる。単体またはチアジド利尿薬と組み合わせて、高血圧の治療に用いられる。また、利尿薬やジゴキシンとともに心不全の治療に用いられる。

禁忌編集

副作用編集

キナプリルの副作用には、めまい嘔吐、胃のむかつき、血管浮腫や疲労が含まれる。

出典編集

  1. ^ Quinapril Hydrochloride Monograph for Professionals” (英語). Drugs.com. 2020年4月12日閲覧。

外部リンク編集