メインメニューを開く

キャロライン・ウェルズ[1]Carolyn Wells, 1862年6月18日 - 1942年3月26日)は、アメリカ合衆国出身の詩人小説家。「フレミング・ストーン」を主人公にした長編推理小説を70作も書いたことで知られる[2]

キャロライン・ウェルズ
Carolyn Wells
誕生 1862年6月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 1942年3月26日
職業 小説家詩人
ジャンル ミステリー
代表作 『手がかり』
デビュー作 『スフィンクスのサイン』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

生涯編集

1862年6月18日、アメリカのニュージャージー州ローウェイにウイリアムおよびアンナ・ウェルズの娘として生まれ、ローウェイ図書館の司書を務めた。当初は詩人として詩集『スフィンクスのサイン』(At the Sign of the Sphinx )を処女作として1896年にデビューした。1909年に発表した長編『手がかり』(The Clue )からはじまる私立探偵フレミング・ストーンの[3]の生みの親として知られている[4]

主な著作編集

フレミング・ストーンもの編集

  • The Clue (1909年) ストーン初登場の第1長編。 『手がかり』
  • The Gold Bag (1911年) 第2長編。ただし、ストーンは脇役で物語最後で登場するのみ。『金の鞄』
  • A Chain of Evidence (1912年) 『証拠の連鎖』
  • The Maxwell Mystery (1913年) 『マクスウェルの謎』
  • The The Curved Blades (1915年) 『曲がった刃』
  • The Diamond Pin (1919年) 『ダイヤモンドのピン』
  • Feathers Left Around (1923年)
  • The Furthest Fury (1924年)
  • The Bronze Hand (1926年) 『ブロンズの手』
  • The Umbrella Murder (1931年) 『雨傘殺人事件』
  • The Roll-Top Desk Mystery (1932年)
  • Eyes in the Wall (1934年) 『壁に目あり』
  • In the Tiger's Cage (1936年) 『虎の檻』
  • Murder On Parade (1940年) 『パレード殺人事件』

シャーロック・ホームズのパロディ(名探偵協会もの)作品編集

  • The Adventure of the Clothes-Line (1925年) 『洗濯ひもの冒険』[5]
  • Sure Way to Catch Every Criminal. Ha! Ha! (1926年)『犯罪者捕獲法奇譚』[6]
  • The Adventure of Mona Lisa (1927年)『モナリザの冒険』

ノン・シリーズ編集

  • The Bride of a Moment (1916年)
  • The Fourteenth Key (1924年)『14番目の鍵』
  • The skeleton at the feast (1930年)『饗宴の骸骨』[7]

詩集編集

  • At the Sign of the Sphinx (1896年)『スフィンクスのサイン』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 早川書房ではカロリン・ウエルズの表記
  2. ^ のちに、E・S・ガードナーペリー・メイスン弁護士ものを82長編も発表し、「同一作家による長編への最多登場の探偵」の記録を更新した。
  3. ^ Allen J. Hubin's Crime Fiction IV: A Comprehensive Bibliography, 1749–2000 (2003)—number 61 titles
  4. ^ 『手がかり』は、エラリー・クイーン編『クイーンの定員』にも推理小説の歴史を語る作品として採用されている。
  5. ^ エラリー・クイーン編「シャーロック・ホームズの災難(上)」(東京創元社)に日本語訳あり
  6. ^ 北原尚彦編訳「シャーロック・ホームズの栄冠」(論創社)に日本語訳あり
  7. ^ skeleton at the feastには「パーティーの座をしらけさせる人」の意味がある。