キャロルの祭典(キャロルのさいてん、英語: A Ceremony of Carols作品28は英国作曲家ベンジャミン・ブリテン1943年に発表した11曲からなる合唱曲である。

概要編集

ベンジャミン・ブリテンは1942年にカナダからイギリスへ帰る船旅の途中で「聖セシリアへの賛歌」と同様な形式の「7つのクリスマス・キャロル」を作曲した。後者は同年12月にノリッジ城図書室で初演されている。 [1]

その後、ブリテンはいくつかの曲を変更・追加して、1943年に「キャロルの祭典」を完成・出版し、初演は1943年12月4日、ロンドンのウィグモア・ホールで行なっている。 [2]

曲目編集

全曲は

  • 1. 入堂 Procession
  • 2. 主の降誕を歓迎! Wolcum Yole!
  • 3. そのようなバラはない There is no Rose
  • 4a. あの幼児が That yonge child
  • 4b. 子守り歌 Balulalow
  • 5. 四月の露のように As dew in Aprile
  • 6. この赤子が This little Babe - 聖Robert Southwell, 1595
  • 7. 間奏曲 Interlude - ハープ独奏
  • 8. 凍りつく冬の夜に In Freezing Winter Night - 聖Robert Southwell, 1595
  • 9. 春のキャロル Spring Carol
  • 10. 神に感謝 Deo Gracias
  • 11. 退堂 Recession

である。

中英語の発音について編集

歌詞はラテン語の歌詞以外に、中英語で書かれた歌詞が多く使われ、中英語の発音は当時の発音に厳格に近づけたい方法 [3] も、現在の英語の発音に比較的近い方法 [4] もある。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ブリテンはカトリック信者で、聖セシリアの日(11月22日)生まれで、聖セシリアは音楽守護聖人である。
  2. ^ Benjamin Britten, A Ceremony of Carols, arranged for SATB and Harp by Julius Harrison (London: Boosey & Hawkes Music Pyblishers Limited, New English-German Edition 1994) の前書き
  3. ^ キャロルの祭典の歌詞と発音の指導資料
  4. ^ Benjamin Britten, A Ceremony of Carols, arranged for SATB and Harp by Julius Harrison (London: Boosey & Hawkes Music Publishers Limited, New English-German Edition 1994) "Glossary"

外部リンク編集