キリバスでは現在、UTC+12UTC+13UTC+14の3つの標準時が使用されている。夏時間はない。

歴史編集

キリバス独立当初はUTC+12、UTC-10UTC-11の標準時が使用されていて、同国が日付変更線を跨ぐ形となっていた。しかし、この状況は国内で日付が丸一日違ってくるため効率が悪かった。この状況を改善するため1995年に日付変更線を東へずらした。そのため、同国は世界で一番早く新しい一日を迎える国となった。

地域別の時間帯編集