ギルバート諸島 (Gilbert Islands) は、太平洋にある16の珊瑚礁の島および環礁からなる、キリバス領の諸島

ギルバート諸島
地図

歴史編集

イギリス統治編集

ギルバート諸島にはヨーロッパ人が発見する数世紀前からミクロネシア人が住んでいた。

この諸島の最初の発見の記録は1765年、ドルフィン号 (HMS Dolphin) のバイロン司令官による南東部の島ニクナウの発見である。1788年にはシャーロット号 (HMS Charlotte) のトマス・ギルバート船長とスカボロー号 (HMS Scarborough) のジョン・マーシャル船長がアパママ (Apamama)、クリアアラヌカタラワアベイアンブタリタリ(マキン環礁)、マキンを発見した。その後多くの船が中部太平洋の航海中にギルバート諸島を通った。アメリカ合衆国探検遠征隊の2隻の船、ピーコック号 (Peacock) とフライングフィッシュ号 (Flying Fish) はハドソン艦長指令のもと何度もギルバート諸島を訪れ、多くの時間を費やして海図の作成に当たった。

1892年5月27日、ロイヤリスト号 (HMS Royalist) のデーヴィス船長によってイギリスの保護領と宣言された。1916年、ギルバート諸島はエリス諸島(現ツバル)と共にイギリスの植民地となった。

第二次世界大戦編集

1941年12月に開戦すると、イギリスとの間に開戦した日本軍は、すぐにブタリタリ(マキン環礁)およびタラワ侵攻12月10日には占領した。日本軍侵攻時、原住民らは部族意識を持ち、イギリスの植民地政府に邪魔されずに自治を行っていた。彼らは日本の支配下に入ることにも不満であり、日本はそれを変えられなかった。

1942年8月17日には、アメリカ軍がブタリタリに奇襲攻撃を行った(マキン奇襲)。これは第2海兵襲撃大隊の約220名の海兵隊員によるもので、潜水艦2隻に分乗し、島に潜入した。島を防衛する日本軍の第62警備隊マキン派遣隊(約70名)と交戦、日本軍は半数が戦死するなど大損害を受けたが、アメリカ軍は翌日に撤退した。この攻撃は、日本軍に島の防衛力強化の必要性を認識させた。

日本軍は1942年9月からギルバート諸島の守備隊を増強し、翌1943年中にベティオ (Betio) を中心としたタラワ環礁と、ブタリタリに守備隊が置かれた。他のギルバート諸島の島にはほとんど兵力は配置されなかった。

1943年11月20日、アメリカ第2海兵師団がタラワとブタリタリに侵攻し占領した(タラワの戦いマキンの戦い)。そして、ギルバート諸島は1944年2月のマーシャル諸島への侵攻の拠点に使われた。

キリバス編集

1945年8月の第二次世界大戦後にはイギリスの統治下に復帰した。1971年に植民地は自治権を持ち、1976年から1978年にエリス諸島が分離され、1979年にキリバスとして独立しその一部となった。

産業編集

ギルバート諸島の主要産業はバナバ島 (Banaba Island) とファニング島 (Fanning Island) で採掘された鉱石からのリン酸肥料の生産である。加えて幾つかの島ではココヤシが栽培されている。

住民編集

ギルバート諸島の原住民はミクロネシア人で、マーシャル諸島カロリン諸島マリアナ諸島の原住民と多くの共通点がある。

ギルバート諸島の島・環礁編集

ギルバート諸島の島はほぼ南北に並んでいる。以下に緯度順に北側から列挙する。

島・環礁 主要集落 陸地面積

(km2)[1]

ラグーン面積

(km2)[1]

人口

2020年国勢調査[2]

緯経度[1]
北ギルバート
マキン (Makin) マキン (Makin) 7.89 0.3 1,914 北緯3度23分 東経173度00分 / 北緯3.383度 東経173.000度 / 3.383; 173.000 (Makin)
ブタリタリ (Butaritari) テマノクヌエア (Temanokunuea) 13.49 191.7 3,241 北緯3度09分 東経172度50分 / 北緯3.150度 東経172.833度 / 3.150; 172.833 (Butaritari)
マラケイ (Marakei) ラワンナウィ (Rawannawi) 14.13 19.6 2,738 北緯2度00分 東経173度17分 / 北緯2.000度 東経173.283度 / 2.000; 173.283 (Marakei)
アベイアン (Abaiang) トゥアラブ (Tuarabu) 17.48 232.5 5,872 北緯1度50分 東経172度57分 / 北緯1.833度 東経172.950度 / 1.833; 172.950 (Abaiang)
タラワ (Tarawa) ベシオ (Betio) 31.02 343.6 北部 7,041 北緯1度26分 東経173度00分 / 北緯1.433度 東経173.000度 / 1.433; 173.000 (Tarawa)
南部 63,439
中央ギルバート
マイアナ (Maiana) テブワンゲトゥア (Tebwangetua) 16.72 98.4 2,405 北緯0度55分 東経173度00分 / 北緯0.917度 東経173.000度 / 0.917; 173.000 (Maiana)
アベママ (Abemama) カリアテビケ (Kariatebike) 27.37 132.4 3,257 北緯0度24分 東経173度50分 / 北緯0.400度 東経173.833度 / 0.400; 173.833 (Abemama)
クリア (Kuria) タボンテビケ (Tabontebike) 15.48 1,191 北緯0度13分 東経173度24分 / 北緯0.217度 東経173.400度 / 0.217; 173.400 (Kuria)
アラヌカ (Aranuka) タカエアン (Takaeang) 11.61 19.4 1,223 北緯0度09分 東経173度35分 / 北緯0.150度 東経173.583度 / 0.150; 173.583 (Aranuka)
ノノウシ (Nonouti) テウアブ (Teuabu) 19.85 370.4 2,792 南緯0度40分 東経174度20分 / 南緯0.667度 東経174.333度 / -0.667; 174.333 (Nonouti)
南ギルバート
タビテウエア (Tabiteuea) ブアリキ (Buariki) 37.63 365.2 北部 4,120 南緯1度20分 東経174度50分 / 南緯1.333度 東経174.833度 / -1.333; 174.833 (Tabiteuea)
南部 1,357
ベル (Beru) タウブキンベル(Taubukinberu) 17.65 38.9 2,220 南緯1度20分 東経175度59分 / 南緯1.333度 東経175.983度 / -1.333; 175.983 (Beru)
ニクナウ (Nikunau) ルンガタ (Rungata) 19.08 2,061 南緯1度21分 東経176度28分 / 南緯1.350度 東経176.467度 / -1.350; 176.467 (Nikunau)
オノトア (Onotoa) ブアリキ (Buariki) 15.62 54.4 1,423 南緯1度52分 東経175度33分 / 南緯1.867度 東経175.550度 / -1.867; 175.550 (Onotoa)
タマナ (Tamana) バカカ (Bakaka) 4.73 1,054 南緯2度30分 東経175度58分 / 南緯2.500度 東経175.967度 / -2.500; 175.967 (Tamana)
アロラエ (Arorae) ロレシ (Roreti) 9.48 983 南緯2度38分 東経176度49分 / 南緯2.633度 東経176.817度 / -2.633; 176.817 (Arorae)
ギルバート諸島全体 タラワ (Tarawa) 281.0 1,866.5 108,331 北緯3度23分 - 南緯2度38分

東経172度50分 - 東経176度49分

脚注編集

  1. ^ a b c Island Reports | Climate Change” (英語). 2021年10月2日閲覧。
  2. ^ 2020 Kiribati Population and Housing Census Provisional results”. kir20phc.prism.spc.int. 2021年10月2日閲覧。

関連項目編集

座標: 北緯0° 東経174° / 北緯0度 東経174度 / 0; 174