メインメニューを開く

キース・ウォーナー(Keith Warner)(1956年12月6日 - )は、イギリスのオペラ演出家、美術家、翻訳家である[1]リヒャルト・ワーグナーのオペラにおける大胆な演出でよく知られている[2][3]

生い立ち編集

ロンドンに生まれ、1975年から1978年までブリストル大学で英語と演劇を学んだ後、俳優、ドラマ・セラピー英語版の教師、フリンジ・シアターの監督として活動する。1981年にイングリッシュ・ナショナル・オペラに加わり、1989年まで再演担当の演出家、スタッフ管理者、演出助手の任に当たる。1985年には、スコットランド・オペラの演出助手も務めていた[1]

キャリア編集

1980年代終わりから1990年代初めにかけて、ウォーナーは、ニュー・サセックス・オペラにおけるプロダクションの演出家、ネクサス・オペラの芸術監督、オペラ・オマハ英語版の副芸術監督を兼務していた[1]

ウォーナーはデンマーク王立歌劇場の芸術監督に任命され、2011年7月に就任するが[2]、その6月後財政関係の問題がきっかけとなり、指揮者及びデンマーク王立管弦楽団・デンマーク王立歌劇場の音楽監督に就任予定であったヤクブ・フルシャとともにその地位を退いた[4][5]

2014/15年シーズンは、ロイヤル・オペラ・ハウス及びそのツアー公演における、ウェルシュ・ナショナル・オペラのプロダクション『ピーター・パン』の演出を担当した[6]

脚注編集

  1. ^ a b c Adam, Nicky (ed) (1993). Who's Who in British Opera. Aldershot: Scolar Press. pp. 282–3. ISBN 0-859-67894-6. 
  2. ^ a b Keith Warner heads for Royal Danish Opera”. Gigmag.co.uk (2010年5月24日). 2013年1月8日閲覧。
  3. ^ Service, Tom (2012年9月26日). “Keith Warner on his Royal Opera House Ring Cycle”. London: The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2012/sep/26/keith-warner-wagner-ring-cycle-royal-opera-house 2013年1月8日閲覧。 
  4. ^ "Warner and Hrusa quit Royal Danish Opera." グラモフォン, 24 January 2012
  5. ^ Royal Concertgebouw Orchestra Amsterdam Jakub Hrůša”. 2017年7月1日閲覧。
  6. ^ Keith Warner DIRECTOR”. Royal Opera House. 2017年7月1日閲覧。