メインメニューを開く

キームガウアー(Chiemgauer)とは、ドイツバイエルン州プリーン・アム・キームゼーを中心とした一帯で流通している地域通貨で、ドイツでREGIO(地方通貨)と呼ばれるものの一つ。地元のシュタイナー学校で高校の社会科の教師をしていたクリスティアン・ゲレーリが生徒とともに2003年に立ち上げた。ゲレーリは ルドルフ・シュタイナーシルビオ・ゲゼルに影響を受けて着想した[1]

このシステムでは、地産地消の推進と地元NPO(ドイツ語ではVerein)の活動支援が組み合わされている。具体的には以下の仕組みでキームガウアー紙幣は流通している。

  • キームガウアーに参加しているNPOが、事務局から100キームガウアーを97ユーロで購入
  • NPOは会員などに対し、100キームガウアーを100ユーロで販売。差額の3ユーロを活動資金に充てる。
  • 一般市民はキームガウアーで地元商店で買い物を行う。自分の懐を痛めずにNPOに活動資金を提供したり地産地消を進めることができる。
  • 地元商店は他の事業者からの仕入れにキームガウアーを利用するか、キームガウアー事務局で100キームガウアー=95ユーロのレートで再両替する。5%の手数料は取られるが、これは会計上広告費に計上可能である。
  • キームガウアーは一定割合で減価(「減価する貨幣」を参照)し、流通を刺激することで、領域内でユーロよりも強い購買力を保持し、地元の小規模ビジネスを促進している。

2008年末現在、2000名近くの個人会員と500件 以上の企業会員が参加し、30万キームガウアーが流通している。キームガウアーでの売上は年間400万キームガウアー近く達し、2008年には3万5000ユーロ以上がNPOに寄付されている。また、現在ではキャッシュカードと提携した電子マネーとしてのキームガウアー・カードも使用されている(実際にはクレジットカードと同じようなものと考えてかまわない)。

キームガウアー紙幣の有効性を維持するためには、3ヶ月毎に額面の2%相当のスタンプを購入する必要がある。このシステムが「減価」であり、シルビオ・ゲゼルにより考案された、一種の通貨流通税である。減価により、利用者はこれを貯蓄せず消費するよう動機付けられる。ゲゼルは、貨幣流通速度が上がるとデフレーションへの対抗に役立つと主張した[2]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Margrit Kennedy; Bernard A. Lietaer; John Rogers (2012). People Money: The Promise of Regional Currencies. UK: Triarchy Press Limited. ISBN 9781908009760. https://books.google.com/books?id=AhEqsRgUi3gC. 
  2. ^ “Depreciating currencies: The money-go-round”. The Economist. (2009年1月22日). http://www.economist.com/node/12998254 2018年2月10日閲覧。 

外部リンク編集