ギュンター・ラミン

ギュンター・ラミン(Günther Ramin, 1898年10月15日 - 1956年2月27日)は、ドイツオルガニスト指揮者ハンス・ヘニー・ヤーンとともにドイツ・オルガン運動の唱道者。

ギュンター・ラミン
Fotothek df roe-neg 0002787 003 Podium der Bachfeier, Günther Ramin im Vordergrund.jpg
基本情報
生誕 (1898-10-15) 1898年10月15日
 ドイツ帝国 / バーデン大公国の旗 バーデン大公国カールスルーエ
死没 (1956-02-27) 1956年2月27日(57歳没)
ドイツの旗 ドイツザクセン州ライプツィヒ
ジャンル クラシック音楽
職業 オルガニスト指揮者
担当楽器 オルガン

経歴編集

カールスルーエ牧師の子として生まれる。1940年に、カール・シュトラウベの跡を継ぎ、聖トーマス教会の音楽監督(カントル)であるトーマスカントルに就任し、バッハの作品を演奏し続けた。指揮者としても活動し、バッハと縁の深いライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と共にマタイ受難曲、ヨハネ受難曲などを録音している。

脚注編集