1875年ククタ地震 (1875 Cúcuta earthquake) は1875年5月18日午前11時15分(現地時間)にコロンビアククタで起きたマグニチュード7.5の地震。コロンビアのククタ、ビジャデルロザリオベネズエラサンアントニオデルタチラカパチョを壊滅させた。被害はベネズエラのサンクリストバルラムラタルビオミケレナラグリタコロンが特に大きく、コロンビアの首都ボゴタとベネズエラの首都カラカスでも揺れが感じられた。

1875年ククタ地震
ククタ地震の位置(コロンビア内)
ククタ地震
本震
座標 北緯7度54分 西経72度30分 / 北緯7.9度 西経72.5度 / 7.9; -72.5座標: 北緯7度54分 西経72度30分 / 北緯7.9度 西経72.5度 / 7.9; -72.5
規模    M7.5
被害
死傷者数 8~10,000
被害地域 コロンビア, ベネズエラ
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示
1900年のククタ
ククタで最も古い建物の1つであるフリオペレスフェレロ図書館。

犠牲者の総数は不明である。アメリカのメディアは死者25,000人と報告したが、他の情報筋によると死者は1,000人であった。初期の新聞報道によると、死者は8人から10,000人であった。 ニュージーランドの新聞は5,000人が死亡し、さらに9,000人が発熱破傷風で死亡したと伝えた。

参考文献編集

脚注編集