クネ・ディルク・パルメンティエ

クネ・ディルク・パルメンティエ(Koene Dirk Parmentier、1904年9月27日 - 1948年10月21日)はオランダの民間パイロットである。KLMのチーフパイロットであり、KLMオランダ航空の創立者のAlbert Plesmanの親友であった。1934年のマックロバートソン・エアレースで、DC-2で参加し、ハンディキャップ部門で優勝した。

クネ・ディルク・パルメンティエ
ジャワの"Uiver"号

アムステルダムで生まれた。1920年から1924年の間、フォッカーで働き、軍務についていた1927年に操縦士免許を得た。1929年にパイロットとなった。1934年にイギリスからオーストラリアメルボルンまで長距離飛行レース、マックロバートソン・エアレースにKLMのDC-2、"Uiver"号の機長として参加した。副操縦士、January Moll、機関士Bouwe Prins、無線士Cor van Bruggeとともに搭乗し、乗客や貨物を搭載した旅客機で、多くの競技機に伍して総合2位で、ハンディキャップ部門で優勝した。唯一、このレースために製作された競技用機、DH.88コメットの1機だけに遅れた。乗組員たちはオランダに戻ると、国民的ヒーローとなり、パルメンティエは著書、"In drie dagen naar Australie"(『オーストラリアでの3日間』)を出版した。

1940年にオランダが占領された時、イギリスへ亡命したKLMのスタッフの1人となった。DC-3でイギリスへ飛び、イギリスでは、イギリスからリスボンジブラルタルへの運航を組織するのに貢献し、戦後受勲した。戦後はKLMの運行責任者を短期間務めた。

1948年10月20日深夜、ロッキード コンステレーションで悪天候のイギリスのグラスゴー空港に着陸するとき、高圧線に接触し墜落し、40名の犠牲者の出た事故で死亡した。

外部リンク編集