クライム・ヒート』(原題: The Drop)は、2014年アメリカ合衆国で製作されたクライムドラマ映画。デニス・ルヘインの小説『ザ・ドロップ』を原作にしており、ルヘインは本作の脚本も手掛けている。ミヒャエル・R・ロスカム英語版が監督を務めた。出演はトム・ハーディノオミ・ラパスジェームズ・ガンドルフィーニ。ガンドルフィーニは公開前の2013年に死去したため、本作が彼の遺作となった。

クライム・ヒート
The Drop
監督 ミヒャエル・R・ロスカム英語版
脚本 デニス・ルヘイン
原作 デニス・ルヘイン
『ザ・ドロップ』
製作 ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
製作総指揮 マイク・ラロッカ
M・ブレア・ブレアード
デニス・ルヘイン
出演者 トム・ハーディ
ノオミ・ラパス
ジェームズ・ガンドルフィーニ
マティアス・スーナールツ
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ニコラス・カラカトサニス
編集 クリストファー・テレフセン
製作会社 Chernin Entertainment
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年9月12日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 106分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,600,000[2]
興行収入 世界の旗 $18,658,381[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $10,724,389[2]
テンプレートを表示

日本では劇場公開されずビデオスルーとなった。

ストーリー編集

ニューヨークブルックリン。そこでバーを営むボブとマーヴには、チェチェンマフィアの大金を預かる「銀行」という裏の顔があった。

ある日、二人組の強盗に襲われた二人はマフィアの大金を奪われてしまう。当然マフィアは二人に金を返すよう要求してくるが、そんな大金を二人が用意できるはずもなかった。途方に暮れるボブだったが、強盗事件には意外な真相が隠されていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[3]

評価編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには190件のレビューがあり、批評家支持率は89%、平均点は10点満点で7.1点となっている。「『クライム・ヒート』は同じテーマの映画は沢山あるが、脚本と優れた俳優陣のおかげでそれらの映画を上回っている」となっている。またトム・ハーディとジェームズ・ガンドルフィーニの演技に関しては多くの批評家が高く評価している。

脚注編集

  1. ^ The Drop (2014)”. IMDb. Amazon.com. 2016年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c The Drop” (英語). Box Office Mojo. 2016年4月25日閲覧。
  3. ^ クライム・ヒート”. 2016年4月25日閲覧。

外部リンク編集