クライ・イン・ザ・ダーク

クライ・イン・ザ・ダーク』(原題: A Cry in the Dark、オーストラリアニュージーランドではEvil Angels)は、1988年製作のアメリカ合衆国・オーストラリアの合作映画。1980年にオーストラリアの観光名所である巨大な一枚岩ウルルで、野生犬ディンゴに生後9週間の娘を連れ去られた実話[1]に基づいている。主演のメリル・ストリープはこの作品で、カンヌ国際映画祭 女優賞を受賞した。

クライ・イン・ザ・ダーク
Evil Angels
A Cry in the Dark
監督 フレッド・スケピシ
脚本 ロバート・キャスウェル
フレッド・スケピシ
原作 ジョン・ブライソン
製作総指揮 メナヘム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
出演者 メリル・ストリープ
サム・ニール
音楽 ブルース・スミートン
撮影 イアン・ベイカー
配給 オーストラリアの旗 キャノン・フィルムズ
アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 オーストラリアの旗 1988年11月3日
アメリカ合衆国の旗 1988年11月11日
上映時間 121分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

登場人物編集

  • リンディ・チェンバレン - メリル・ストリープ
  • マイケル・チェンバレン - サム・ニール

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集