クラシエ (スイス)

クラシエ: Crassier) は、スイスヴォー州ニヨン郡基礎自治体フランスとの国境を挟んで隣町のディヴォンヌ=レ=バンと隣接する。

クラシエの紋章
クラシエの旧駅舎

歴史編集

クラシエが最初に文献の記録が現れたのは1123年で、クラセイオの名でスイス歴史事典に記録がある。[1]

建築物編集

代表的な建築物としては、マグダラのマリアを守護者に奉ったサント・マリー・マドレーヌ教会が挙げられる。

出身者編集

隣接自治体編集

交通編集

ニヨン市交通網TPNのバスがある。かつてはニヨン発ディヴォンヌ経由ベルガルド=シュル=ヴァルスリーヌ行きの鉄道路線が通っていたが、1962年に廃止された。ディヴォンヌまでのフランス側の路線は1997年まで存続していたが、現在は休止路線となり地域圏急行輸送TERのバスが代替運行している。

脚注編集

  1. ^ スイス歴史事典オンライン版 [ドイツ語版 http://www.hls-dhs-dss.ch/textes/d/D2506.php] [フランス語版 http://www.hls-dhs-dss.ch/textes/f/F2506.php][イタリア語版 http://www.hls-dhs-dss.ch/textes/i/I2506.php]