メインメニューを開く

カシオ・クラスパッド300[1]クラスパッド330並びにfx-CP400[2]はスタイラス・ベースのタッチ‐スクリーンのグラフ表示機能付き電卓である。クラスパッドは自習、3次元のグラフのようなもの、幾何学、情報体験教育(英:e-activity)、スプレッドシート、などをサポートするアプリケーションの集まりと一緒に市場に現れた。大きな160×240ピクセルのLCDタッチ・スクリーンはスタイラス・ベースの操作ができる。クラスパッドはカシオの初期のPocket viewer英語版の系統に似ている。HPテキサス・インスツルメンツは類似のペン・ベースの電卓をリリースするよう試みた(Xpander英語版PET ProjectPLT SHH1英語版を見よ))、しかし両方とも市場に出る前に中止された。

クラスパッド300は数式表示の入力を認識して、そしてそれらをそれらが教科書に載っているようなものとして表示する。数式表示の因数分解、関数の極限値の計算そしてその他の演算は大きなLCDスクリーンにおいてその結果を見ながら実行される。クラスパッド300は3次元のグラフと幾何学の図形の描画のためのグラフ用ツールと一緒に出た。

クラスパッド300のユーザー・インターフェースはプル‐ダウン・メニュー・フォーマットを使う。求解、表示、ならびに他の項目はスタイラスのタップで選ぶことができる。クラスパッド300はドラッグ・アンド・ドロップ、カット・アンド・ペースト、ならびに他のペン‐ベースの操作もサポートする。情報体験教育アプリケーションは図形、数式表示、ならびに説明などを含められる情報体験教育の創作活動ができる。

アメリカ合衆国では、クラスパッド・シリーズはSAT英語版ACT英語版、ならびにAPカルキュラス・テストを含んだ標準化されたテストからは禁止された。[3]

外部リンク編集

  1. ^ クラスパッドはカシオ計算機の登録商標である:カシオ・クラスパッド(商標公報5338065)”. 2017年3月22日閲覧。
  2. ^ http://www.casio-intl.com/asia-mea/en/news/2012/fx-cp400/
  3. ^ Ban from SAT, ACT and AP Calculus tests.