クラブハウス (テレビドラマ)

クラブハウス』 (Clubhouse) は、アイコン・プロダクションズがスペリング・テレヴィジョンと提携して制作し、ジェレミー・サンプター/ディーン・ケイン/クリストファー・ロイド/メア・ウィニンガム/キルステン・ストームズらの出演したアメリカ合衆国テレビドラマシリーズである。主題歌「〔アウア・ライヴス〕」はザ・コーリングが手掛けた。

クラブハウス / Clubhouse
ジャンル ドラマ
原案 ダニエル・セローン / Daniel Cerone
脚本 ダニエル・セローン
レナード・ディック / Leonard Dick
ジョゼフ・ドゥハティ / Joseph Dougherty
アシュリー・ゲーブル / Ashley Gable
マット・マクガフ / Matt McGough
ジョナサン・モスキン / Jonathan Moskin
ディヴィッド・マリー / David Mulei
ギャヴィン・オコナー / Gavin O'Connor
監督 フレデリック・キング・ケラー / Frederick King Keller
ジョアンナ・カーンズ / Joanna Kerns
ジェリー・リーヴァイン / Jerry Levine
スティーヴ・ゴゥマー / Steve Gomer
ギャヴィン・オコナー
オズ・スコット / Oz Scott
ブライアン・スパイサー / Bryan Spicer
出演者 ジェレミー・サンプター / Jeremy Sumpter
ディーン・ケイン / Dean Cain
ダン・バード / Dan Byrd
キルステン・ストームズ / Kirsten Storms
メア・ウィニンガム / Mare Winningham
クリストファー・ロイド / Christopher Lloyd
J・D・パルド / J. D. Pardo
ジョン・オーティス / John Ortiz
オープニング 〔アウア・ライヴス〕 ザ・コーリング / "Our Lives" by The Calling
国・地域 USA アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 12
各話の長さ 60分
製作
製作総指揮 ダニエル・セローン
ブルース・デイヴィー / Bruce Davey
メル・ギブソン / Mel Gibson
アーロン・スペリング / Aaron Spelling
ケン・トポルスキー / Ken Topolsky
E・デューク・ヴィンセント / E. Duke Vincent
プロデューサー ポール・マークス / Paul Marks
ナンシー・コットン / Nancy Cotton
レナード・ディック
撮影地 カリフォルニア州ロサンゼルス / Los Angeles, California
製作 アイコン・エンターテインメント / Icon Entertainment
スペリング・テレヴィジョン / Spelling Television
放送
放送チャンネルCBS(第1話 - 第5話)
HDネット(第6話 - 第11話)
映像形式480i (SDTV)
1080i (HDTV)
放送期間2004年9月26日 (2004-09-26) - 2005年8月4日 (2005-8-4)
テンプレートを表示

この番組は2004年の秋に前半の5話がCBSとその系列局にてHDTVとアナログ・プログラム(Analog program)の両方で放送された[1]が、後続の6本の追加エピソードはCBSの放送電波には乗らず2005年6月にHDネット(HDNet)での公開となった。2009年の暮れにはユニヴァーサルHD(Universal HD)が再放送している。

構成編集

シリーズは、憧れのメジャー・リーグ球団〔ニューヨーク・エンパイアス〕(New York Empires)のバット・ボーイ(Batboy)を務めるという夢を叶えた少年を主人公にしている。16歳のピート・ヤング(Pete Young)がティーンエイジャーの抱える普通の、そしてまた普通とは言い難い問題に直面していく一方、同じく十代で反抗期の只中にあるピートの姉妹が飲酒・不純異性交遊・脱法薬物(Recreational drug use)濫用等に手を出してしまう等の物語が描かれた。

この作品は、ウィリアムズ大学フォーダム大学ロースクールを卒業したニューヨーク市在住のマシュー・マッゴー(Matthew McGough)がニューヨーク・ヤンキースのバット・ボーイを務めていた頃の経験に基づいている。

  • 『バット・ボーイ:カミング・オブ・エイジ・ウィズ・ザ・ニューヨーク・ヤンキース』"Bat Boy: Coming of Age with the New York Yankees" ISBN 978-0-307-27864-7 ダブルデイ 2005年

キャスト編集

リカーリング・キャスト編集

エピソード・リスト編集

話数 題名 放送日 放送局
1 "パイロット / Pilot" 2004年9月26日 CBS
2 "スランプ脱却 / Breaking a Slump" 2004年9月28日 CBS
3 "危険球 / Chin music" 2004年10月12日 CBS
4 "トレード交渉 / Trade Talks" 2004年10月19日 CBS
5 "観客守備妨害 / Spectator Interference" 2004年11月6日 CBS
6 "遠征 / Road Trip" 2005年6月30日 HDネット
7 "一本間 / Between First and Home" 2005年7月7日 HDネット
8 "本盗 / Stealing Home" 2005年7月14日 HDネット
9 "セーヴ / Save Situation" 2005年7月21日 HDネット
10 "引退選手試合 / Old Timers Day" 2005年7月28日 HDネット
11 "選手代表 / Player Rep" 2005年8月4日 HDネット[2]

出典編集

外部リンク編集