メインメニューを開く

1080iは、ハイビジョン高精細度テレビジョン放送、2Kに含まれる映像規格の一つ。ディスプレイや動画の解像度などで用いられる。

画面アスペクト比は16:9、有効垂直解像度1080本、かつインターレース(飛び越し走査)の動画を指す略称で、1997年4月の国際電気通信連合 (ITU) 会合で決められた。

正方形比率ピクセルにおいて1920×1080、 2.1メガピクセル(207万3600画素)の動画となる。フルハイビジョン、またはFHD (Full HD) とも呼ばれる。フレームレートは59.94がよく使われる(他に60P、50P、24P、30P、25P)[要出典]。放送においてはISDBDVBATSCで使われる。D端子ではD3に対応する。

目次

比較編集

 
1080(シアン)、720(グリーン)、480(レッド)間の比較
 
各解像度規格との比較

旧ハイビジョン(MUSE方式)時代に使用された1035iと、1080iは規格が異なる。

  • 1035i/60 (ARIB STD-B4 1.0)
  • 1080i/59.94(Rec.ITU-R BT.709-3)
    1997年4月のITU会合により、1080iに統一された。コンピュータ処理のしやすさが理由。
  • 1080i(Rec.ITU-R BT.709-3 PartII)[1]
    ハイビジョン試験放送で使用されたMUSE方式(1035i)から、ISDBへの移行とともに1080iに変更された。

定義編集

名称編集

  • JEITAによる定義では、720pとともにハイビジョンに含まれる[2]
  • 固定画素ディスプレイにおける画面解像度「FHD」である。

フルハイビジョン編集

特定の団体が決めたものではないが、以下のように分類される

  • 1440×1080ではなく、1920×1080
    テレビ放送ISDBにおける分類。
  • 720p(1280×720)ではなく、1080i/p(1920×1080)
    ディスプレイ、テレビ受像機、カメラ、ビデオカメラによる分類。

対応機器・フォーマット編集

放送編集

ビデオカメラ編集

  • HDR-FX1が世界初の家庭用1080i撮影カメラで、HDV1080i記録の3板式ビデオカメラである[3]

ディスプレイ編集

CRTコンピュータ、ハイビジョンブラウン管テレビにおける水平走査周波数は、以下のとおりである[4]

  • 33.75kHz(1035i/60、1080i/59.94)

ゲーム機編集

伝送ケーブル編集

アナログ
  • D端子
  • コンポーネント端子
  • D-sub
    著作権保護技術における制限により、録画されたテレビ映像などが、2011年から480iに制限され、2014年からアナログ出力が廃止された。(Advanced Access Content Systemで録画されたもの)[5]
デジタル

ビデオフォーマット編集

出典編集

関連項目編集